平成29年度 港地区・太洋中学校災害対応講習会 ―要援護者の支援を学ぶ― の実施結果

掲載日:2018年4月4日

目的

港地区・太洋中学校災害対応講習会要項より
(1)自然災害に備えることの大切さを理解する。
(2)災害時、地域での人と人とのつながりを大切にし、お互いに助けあうことの大切さに気付く。
(3)災害時、自分ができる救護活動を体験する。
(4)要援護者の搬送技術を身につける。

日時

平成29年6月27日(火曜日)13:10から15:35

主催

平塚市立太洋中学校、港地区町内福祉村

場所

平塚市立太洋中学校

参加者

平塚市立太洋中学校 336人

支援スタッフ

港地区町内福祉村関係者、平塚保健福祉事務所職員、平塚保健福祉事務所継続看護連絡会、平塚市災害対策課、平塚市地域包括支援センターみなと、女性防災クラブ・平塚パワーズ、湘南海上保安署、神奈川県水難救済会平塚救難所、湘南平塚ライフセービングクラブ

内容

(1)開会式
(2)実技体験・訓練
【1年生】研修1消火訓練・毛布搬送、研修2ロープワーク、防災グッズ紹介 
【2年生】研修3応急手当、研修4心肺蘇生・AED
【3年生】HUG(避難所運営ゲーム) 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa