箱根小田原幹線整備工事

掲載日:2021年9月28日

右岸処理場~箱根町湯本

箱根小田原幹線の整備

 箱根町湯本地区、小田原市風祭及び入生田地区の下水道の未普及解消に向け、平成24年度から箱根小田原幹線の整備を進めています。全延長約9.2Kmのうち、これまでに右岸処理場から小田原市役所までの一部区間を除いた約2.4Kmが完成しています。
本年度は引き続き小田原市役所前から小田原市厚木道路荻窪IC付近に至る2-2工区(約1.7km)及び西湘バイパス箱根口ICから君田島踏切付近に至る4工区(約0.6km)などの管渠を整備しています。

工区 2-2工区
事業箇所 小田原市荻窪
事業年度 平成29年度から令和3年度
事業内容 泥土圧式シールド工法L=1,706m
内径1,000mm

 

工区 4工区
事業箇所 小田原市風祭から板橋
事業年度 令和2年度から令和5年度
事業内容 泥土圧式シールド工法L=656m
内径1,350mm

 

※シールド工法とは、発進立抗から掘削機で地中を掘り進め安全にセグメントを組み立てることにより土砂の崩壊を防ぎながら、到達立抗までの下水管を築造する工法で、道路を掘らずに下水管を築造することができる工法です。

 

箱根小田原幹線の位置図

 

現地写真

2-2工区起点側から(市役所付近)

2-2工区の起点側(市役所付近)からの写真

2-2工区終点側から(荻窪IC付近)

2-2工区の終点側(荻窪IC)からの写真

 

 

4工区起点側から(箱根IC)

4工区の起点側(箱根口IC)からの写真

 

4工区終点側から(君田島踏切付近)

4工区終点側(君田島踏切付近)からの写真