三浦半島中央道路

掲載日:2021年5月28日

事業概要

三浦半島地域は、地形上の制約から、特定の幹線道路に交通が集中し、交通混雑を引き起こすなど、地域の社会経済活動に支障を来たしており、半島の中央部において南北方向の交通の軸となる幹線道路の整備が望まれています。

三浦半島中央道路は、逗子市桜山を起点とし、横須賀市山科台に至る幹線道路で、東京・横浜方面と三浦半島の西海岸方面との交通の利便性を高めるなど、三浦半島の広域的なネットワークを形成する重要な路線です。

現在、逗子市桜山から葉山町長柄の区間と、横須賀市湘南国際村一丁目から横須賀市山科台の区間において、関係市町と連携を図りながら、事業実施に向けて各種調査を実施しています。

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了