海岸高潮対策事業(長井海岸)

掲載日:2019年1月7日

長井海岸は小和田湾の南側に面しており、背後地は住宅の密集地帯となっています。しかし、従来の護岸は老朽化が進み天端の高さも低いことから、荒天時の越波による被害や飛沫による塩害が発生していました。

本事業では、これらの被害を防止するため、既設護岸の前面に堤防を整備しました。堤防の断面は海へのアクセスがしやすいよう階段ブロック式堤防とし、前面が漁業区域となる箇所については、漁業への影響を少なくするため直立消波ブロック式堤防を採用しています。

 
事業箇所 横須賀市長井3丁目
事業年度 平成7年度から平成16年度
事業概要 延長 L=628m
堤防工 L=628m
階段ブロック式 L=150m
直立消波ブロック式 L=478m

施工前の状況

施工前状況

施工後の状況

施工後状況


階段ブロック式堤防

標準断面図

直立消波ブロック式堤防

標準断面図


このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa