神奈川県地方独立行政法人評価委員会 審議結果(平成24年度第4回)

掲載日:2018年3月16日

審議結果

次の審議会等を下記のとおり開催した。

審議会等名称

神奈川県地方独立行政法人評価委員会

開催日時

平成24年8月21日(火曜日)13時30分から15時15分

開催場所

日本大通7ビル500会議室

出席者【委員長・副委員長等】

石田晴美、大住莊四郎【委員長】、大道久【副委員長】、菊岡正和、平澤敏子、山原吉陽

次回開催予定日

未定

所属名、担当者名

行政改革課 団体調整グループ 能戸、長谷川

掲載形式

  • 議事録

議事概要とした理由

-

審議経過

<審議概要>

  1. 議題1 平成23年度業務実績の評価結果について
    平成23年度業務実績評価書(案)について審議を行い、評価結果(案)を決定した。
    評価結果(案)を法人に提示し意見聴取すること、その後の評価結果の最終決定を委員長一任とすることで決した。
    最終決定した評価結果について、通知(案)及び報告(案)により法人及び知事へ通知等を行うことで決した。 
  2. 議題2 平成23年度財務諸表に対する意見について
    平成23年度財務諸表に対する意見について、意見の無い旨決定し、意見書(案)のとおり知事へ提出することで決した。
  3. 議題3 その他

<質疑概要>

1. 平成23年度業務実績の評価結果について

小項目評価(案)(資料1)について

委員

小項目52について、原案のコメントである「3億円の利益処分は評価できる」と意見を述べたが、経営改善の成果を病院に還元する取組を評価するという趣旨である。「経営改善の成果を還元する取組が進んだことは評価できる」という記述の方が良い。
小項目52のコメント案を修正し、その他は原案どおりとする。

業務実績評価書(案)(資料2)について

委員

全体評価の記述について、平成23年度実績では三つの大項目評価がそれぞれA、A、Bとなったため、全ての大項目評価がAであった前年度実績の「順調な進捗状況」よりややトーンが下がり、原案では「おおむね順調な進捗状況」としている。この記載について委員会として精査する必要がある。

委員

大項目第3「財務内容の改善に関する事項」に関しては、病棟の建替えや機器の入替えを行うと収益が減る。評価はBだが、その理由は資産除去債務の臨時損失や整備のため一部病棟を閉鎖したためであり、「順調な進捗状況」と言っても良いのではないか。
小項目評価では、法人の自己評価よりも高いSとした項目もあり、法人の自己評価より低い評価とした項目はないため、評価委員会としては法人の取組を評価したと言える。

法人

法人としては、「財務内容の改善に関する事項」について、黒字ではあるが計画を若干下回ったため自己評価はBとしたが、医療の質を高める視点で医療環境の変化に応じて多くの職員を採用して取り組んだ結果であり、全体として見れば順調に進んだと認識している。

委員

個々の項目では若干議論があったものの、「全体として中期計画として」という言い方であるならば「順調」という言葉につなげても良いのではないか。
小項目評価のうちCとなったのは、足柄上病院で産科医が確保できず分べん件数が目標値を下回ったことによるものだが、これについても助産師による院内助産を頑張っている。
財務内容については特殊な事情があるということと、大項目第1のサービス等質の向上に関する事項では小項目評価をSとした項目があり、前年度実績と比べて特筆すべき内容がある。全体として見るならば、業務の質の向上のプラス要素と財務内容のマイナス要素を均し、前年度と同様に「順調」で良い。
「全体として中期計画の達成に向けて順調な進捗状況にある」という記述に原案を修正することとする。

委員

全体評価として特記すべき内容、法人の業務実績の総括部分に対して評価すべき点について、原案にある地方独立行政法人移行の成果という視点からの記述は重要な要素であり記載すべきである。
全体評価を「順調」と評価するのであれば、全体として医療の質が上がったことをもっと記載すべきではないか。原案の大項目評価の評価結果欄には、小項目評価がSとCの項目については記載があるが、Aの項目については記載がない。
小項目評価がAの項目の中で特筆すべきものとして、小項目21の「医療機能を評価する指標の設定」は挙げられる。今後、より分かりやすいサービスの質の向上につながるということで大きく評価しても良いのではないか。

法人

法人としては、平成23年度は人員を増やし、質の高い医療を行うための基盤が整備できたことが全体としての取組である。
地方独立法人化の狙いとしては、安定的な経営基盤を図りながら医療の質の向上を図り、県民に対して県立病院の役割を果たしていくということであり、その中でこれまで困難であった職員の増員、医療機器の更新に取組んだ。その成果が財務上活かされなかった点はあるとしても、中期目標を果たしていく上ではきちんとした取組であった。

委員

全体評価は、あくまでも年度評価であり各年度で区切って見ていくという考え方と、中期計画期間全体の中での位置付けで評価するという考え方の二つある。
他の地方独立行政法人のケースでは前者ではないかと思われる評価がやや多い印象だが、経営という視点で見るならば中期計画期間の経営全体で考える後者の評価もある。
平成23年度実績では財務内容で指標上問題があるものもあるが、それは必要悪であり3年目以降に生きてくるのであれば、中期計画期間5年間の2年目の実績としては順調であるという全体評価ができると思う。
そのことが分かるよう全体評価の原案に、「中期計画の2年目である平成23年度は医療サービスの質の向上に資する経営基盤の整備を進めてきた」という総括分を記載することとする。
しかし法人の平成23年度の年度計画には、機器整備や人員確保が重点項目として明確に示されていたわけではないため、このような評価をするならば年度の重点目標があった方が良い。
本来であれば中期計画期間を睨んで、年度ごとに重点的に進める事項を想定した上で業務実績が説明されるのが良い。

委員

小項目評価では、目標の設定や指標の設定について検討すべきという趣旨のコメントが複数あるが、それを業務実績評価書に反映させた方が良いかどうか。
全体評価にあたっての意見として、目標の精緻化や実績について経年比較を掲載する等もう少し明確にしていただきたい旨を記載してはどうか。
それ以上に大事なのは、経営のフレームワークで見るなら各年度の重点、優先事項等を決めていただくことである。中期計画終了後の仕上がりやビジョンを考え、各年度で何を重点的に進めていくのかがあれば全体評価や大項目評価もしやすい。
重点事項を事前に決めることができなければ、自己評価の段階で説明していただくことが最低限必要である。現状のように小項目評価点数の分布で大項目評価を進めると、小項目評価のSが半分以上なければ大項目評価はSとならないが、経営の重点事項があればそれに該当する小項目評価がSであることをもって大項目評価をSとすることができる。
これらの指摘については議事録に明示し、法人側にお願いすることとする。

法人

法人としても、重点化施策を理解いただくのは大事だと思う。来年度に活かしていきたい。
項目の重点化と、全体として包括的に病院をどう動かしていくかというのは少し違う視点である。小項目の中で何をどのくらい重点化するかとなると、計画の策定が難しい部分はある。
平成24年度計画はでき上がっているため、重点項目の反映は平成25年度計画となり、時間的なラグがある。

委員

PDCAサイクルを1年サイクルで回すことは難しく、評価制度の枠組み自体の制約だと思うが、評価のサイクルを短くすることはできないため、事情や環境変化にどう対応していくかが大事である。年度計画策定後に取り組んだ記載以外の取組についても自己評価に記載し主張していただきたい。
「重点」というのは、小項目の中で個別具体的に重みを付けるということではなく、法人の運営方針、経営方針の中の重点目標は何かということである。時代の要請や地域のニーズ、様々な環境や条件で決まってくることであり、柔軟に運営することが健全だと思う。
小項目評価をいかに大項目に集約するかは、どのように重み付けして加算するであり、それを発展させると項目の重点化という話になってくる。

法人

どういう考え方でその年度の経営を行ったか理解いただいた上で、それに沿った項目が結果として重点項目になっていくのかもしれない。

3. その他

委員

法人の基盤整備が進み、機器の購入など質の高い医療を目指して成果を上げるほど、また納税者の立場から言えば病院事業に100億あまりの県費が投入されており、神奈川県民であれば法人の優れた医療に望めば必ずアクセスできるという視点での事業運営は必要ではないか。
県の施策の問題だという視点も出てくるが、施策の立場と実事業を行う立場とは全く別ということではないと思う。その視点を検討していただきたい。
来年度は中期計画期間の経営方針を明示された上でこの評価委員会を行うこととしたい。委員会を進めるにあたり、年度の経営方針、重点化の方向性を自己評価段階で打ち出していただき、優れた取組があれば自己評価の段階でSを主張していただきたい。

会議資料

次第[PDFファイル/23KB]
資料1 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 平成23年度業務実績評価書 参考資料 小項目評価(案)[PDFファイル/5.86MB]
資料2 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 平成23年度業務実績評価書(案)[PDFファイル/259KB]
資料3 地方独立行政法人神奈川県立病院機構の平成23年度の業務実績に関する評価結果(案)について(通知)(案)[PDFファイル/24KB]
資料4 地方独立行政法人神奈川県立病院機構の平成23年度の業務実績に関する評価結果について(通知)(案)[PDFファイル/23KB]
資料5 財務諸表の承認に係る意見書(案)[PDFファイル/21KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa