箱根地区水道事業包括委託(第1期)最終報告書の作成とセミナーの開催について

掲載日:2020年3月30日

箱地区水道事業包括委託(第1期)最終報告書

 第1期の「箱根地区水道事業包括委託」(以下「箱根包括」という。)は、5年間の事業期間が平成31年3月に終了しました。そこで、今後の水道事業運営と第2期の箱根包括で目指す汎用的な公民連携モデルの構築に資するものとするため、事業の実施状況などについて最終評価を行いました。

箱根地区水道事業包括委託(第1期)最終評価報告書(PDF:4,267KB)」PDFでご確認ください。

かながわ方式による公民連携セミナーの開催について

 平成28年度に実施した中間評価と、令和元年度に実施した最終評価では、安心・安全・安定的な水道水の供給や着実な事業運営について、おおむね良好な評価を受けたことから、神奈川県営水道箱根地区版の公民連携モデルは構築できたといえます。
 そこで、本モデルの周知のため、公民連携セミナーを開催しました。

講演資料等はPDFでご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa