「箱根地区水道事業包括委託(第2期)」の選定事業者を決定しました

掲載日:2019年5月23日

県企業庁では、「箱根地区水道事業包括委託(第2期)」を実施するため、公募型プロポーザル方式により事業者の募集を行いました。「箱根地区水道事業包括委託(第2期)事業者選定審査会」(以下、「審査会」という。)の評価をうけて、県企業庁において、下記の事業者を選定事業者として決定しましたのでお知らせします。

選定事業者名

 
グループ名 代表事業者 構成事業者
箱根水道パートナーズ JFEエンジニアリング(株)

(株)デック
神奈川県管工事業協同組合
ヴェオリア・ジェネッツ(株)

 

選定までの経緯

(1)応募者(資格審査を通過し提案書を提出した事業者)

グループ名 代表事業者(◎)及び構成事業者
箱根水道パートナーズ ◎JFEエンジニアリング(株)、(株)デック、
神奈川県管工事業協同組合、ヴェオリア・ジェネッツ(株)

(2)審査結果

順位 得点 グループ名
1位 59.7点

箱根水道パートナーズ

(3)選定方法
事業者の選定に当たっては、学識者等で構成する審査会において業務提案内容について専門的知見から意見聴取及び評価を行いました。この結果をもとに業務提案を80点満点、価格提案を20点満点で得点化し、総合得点が最も高かった応募者を選定事業者に決定しました。

(4)審査委員名簿

  所属・役職 氏名
委員長 東京都市大学 工学部 教授 長岡 裕
副委員長 首都大学東京 都市環境学部 准教授 荒井 康裕
委員 明大昭平・法律事務所 池田 陽子
委員 日本水道協会 水道技術総合研究所
主席研究員
本田 裕孝
委員 箱根町環境整備部長 勝俣 優

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa