発進立坑について|川崎治水センター

掲載日:2019年5月29日

発進立坑トップ

矢上川地下調節池事業における発進立坑を紹介します。

発進立坑の概要tejun

発進立坑の概要

 発進立坑本体工事は、平成29年度から工事を開始し、平成31年度末の完成を予定しております。

 この発進立坑は、トンネルを掘るシールドマシンが発進するための縦穴となり、大きさは、18m×15mの矩形断面で深さが約30mとなります。また、流入施設から流入した水を地下調節池(トンネル)へ流入させる機能を有しています。

発進立坑イメージ

工事の手順と進捗状況

このページの先頭へもどる

「矢上川地下調節池事業の紹介」へもどる