野生いのししにおける豚コレラ拡大防止対策の決定について

掲載日:2019年2月22日

野生いのししにおける豚コレラ拡大防止対策の決定について

 農林水産省は、岐阜県及び愛知県で発生している豚コレラに関する防疫対策を検討するため、平成31年2月22日、「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」を開催し、野生いのししにおける豚コレラ防止対策を決定しました。

 これにより、今般、野生イノシシ等における豚コレラの発生状況に鑑み、野生いのししを介した豚コレラウイルスの拡散防止対策を講じる必要があるため、我が国初めての取組として、野生いのししに対する経口(餌)ワクチンを、豚コレラに感染したいのししが確認された地域に限定して散布することとしました。

 農林水産省ホームページ内関連リンク

神奈川県における発生状況

 県内における発生はありません。

消費者のみなさまへ

 豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。

 また、感染豚の肉が市場に出回ることはなく、万が一、感染豚の肉を食べたとしても人の体に影響はありません。

 なお、国内、海外における豚コレラ発生状況等の詳細については、以下の関連リンクをご覧ください。

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa