神奈川県畜産環境コンクール

掲載日:2019年5月21日

畜産環境コンクールについて

  • 神奈川県畜産環境コンクールは、畜産農家が実施する畜舎や施設周辺の環境美化・衛生等に対する取り組みについて、広く県民の皆さんに知ってもらい、本県の畜産に対する信頼を深めていただくとともに、畜産関係者の意識啓蒙を目的としており、平成25年度から開催しています。
  • 乳牛・肉牛・養豚・養鶏の各部門ごとに、(1)畜舎の周りにきれいな景観が形成されているか(畜舎周辺の環境美化)(2)臭気・騒音・家畜の疾病予防等の対策をしているか(畜舎等の衛生対策)(3)家畜ふん堆肥について農地等に還元されているか(資源循環の実施状況)(4)特色のある取組が行われているか(特色のある取組)の4つの項目について審査します。
  • 県内を5つの地域に分けて、各地域から推薦のあった農場を対象に県審査を行い最優秀賞他の受賞農家を決定します。
  • 平成30年度には対象農家(備考1)の約72%の参加がありました。

(備考1)コンクールの対象は(1)県内で家畜を飼養又は県内に事業所があり(2)牛の場合は概ね10頭以上、豚の場合は概ね100頭以上、養鶏の場合は概ね2000羽以上を飼養している者となります。

過去のコンクールの結果と優良事例の紹介