家畜商免許証の交付を希望される方へ

掲載日:2017年12月20日

家畜商の免許の交付には、次の手続きが必要となります。
(神奈川県以外にお住まいの方は、住所地の都道府県にお問い合わせ下さい)

申請に必要な書類は、次のとおりです。

  1. 家畜商免許証申請書(PDF:7KB)(手数料額の収入証紙を貼付)
  2. 住民票の抄本 (法人にあっては登記簿の抄本)
  3. 家畜商法第4条に該当しないことの誓約書(PDF:7KB)
  4. 家畜商講習会の修了証明書(写)
  5. 家畜取引業を行う事業所の所在地を記載した書面 (案内図)(PDF:7KB)
  6. 免許証用写真 (申請前6カ月以内撮影 2.5cm×2.5cm) 2枚
  7. 従業者調書(PDF:7KB) (家畜取引業務に従事する使用人等の住所、氏名、生年月日を記載して申請人が記名、押印した書面)

    注:1、3、5、7の各様式については、下記の問い合わせ場所にもあります。

免許証交付手数料は次のとおりです。

  • 本人1人の場合 1,600円
  • 従業者1人から4人の場合 1,900円
  • 従業者5人以上の場合 2,500円

営業保証金の供託について

  • 免許証の交付を受けた後は、30日以内に営業保証金を住所地に最寄りの供託所(登記所と併設)に供託し、供託手続後から2週間以内に供託書(写)を免許証を交付した県の機関へ必ず届け出て下さい。
    なお、以上の手続をせずに営業を開始した場合は、免許を取り消すこととなりますのでご注意下さい。

帳簿の備付けについて

  • 家畜商は家畜の取引に関する帳簿を事業所ごとに備付け必要事項を記載するようにして下さい。

免許の取り消しについて

  • 家畜商法第7条(免許の取り消し及び事業の停止)の規定にご留意下さい。特に、正当な事由がなくて引く続き一年以上家畜の取引をしないと免許を取り消すことがあります。

その他

  1. 免許証の記載事項に変更を生じたときは、免許証の書換交付を受けて下さい。(書換手数料1,000円)
  2. 免許証を破損又は亡失したときは、再交付を受けて下さい。(再交付手数料1,100円)

各種様式について

各種届出様式はこちらへ

申請書の提出先

 なお、家畜商免許証の交付については、以下の場所にお問い合わせください。

地区 問い合わせ先 所管区域
横須賀三浦
地区
横須賀三浦地域県政総合センター
農政部 地域農政推進課
(横須賀合同庁舎内)
電話046-823-0210(代表)

横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

県央地区 県央地域県政総合センター
農政部 地域農政推進第一課
(厚木合同庁舎内)
電話046-224-1111(代表)
相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
湘南地区 湘南地域県政総合センター
農政部 地域農政推進課
(平塚合同庁舎内)
電話0463-22-2711(代表)
平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
県西地区 県西地域県政総合センター
農政部 地域農政推進課
(小田原合同庁舎内)
電話0465-32-8000(代表)
小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町
横浜川崎
地区
横浜川崎地区農政事務所
地域農政推進課
(横浜農業合同庁舎内)
電話045-934-2371
横浜市、川崎市
 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる