これでわかる!”同一労働同一賃金”のポイント(短期労働講座)

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、当講座は中止いたします。

令和2年4月1日に、パートタイム・有期雇用労働法、改正労働者派遣法等が施行され、同一企業内における正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差が禁止されることになります。
今回の講座では、法律の概要と、いわゆる”同一労働同一賃金”をめぐる裁判例を解説します。
<参加無料>

開催期間

2020年3月11日から2020年3月18日
<全2回>各回18時30分から20時30分まで

開催場所

名称

大和市文化創造拠点シリウス 6階 601講習室

所在地

大和市大和南1-8-1

内容

<1>3月11日(水曜日):パート有期法・改正派遣法の概要
均衡待遇・均等待遇とはどのように考えればよいか、労働者に対する待遇に関する説明義務など、パート有期法や改正派遣法の概要を説明します。

<2>3月18日(水曜日):同一労働同一賃金をめぐる重要裁判例
”同一労働同一賃金”をめぐる重要裁判例(長澤運輸事件、ハマキョウレックス事件など)について解説します。

<1><2>とも 講師:成蹊大学法学部教授 原 昌登 氏

対象

労働者、人事労務担当者など、どなたでも

募集人数

各回50名(事前申込制)
※定員を超えた場合は抽選を行い、参加いただけない場合のみご連絡します。連絡がない場合はご参加いただけますので、当日直接会場にお越しください。

費用

無料

主催者等

主催:神奈川県かながわ労働センター県央支所
共催:大和市

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。