いま押さえたい!新たな外国人材の受入れ制度(2019年度労働講座)

★定員に達したため、申込を締め切りました。

現在国内では、中小企業をはじめとして深刻な人手不足にあります。
そこで2019年4月から、14の特定産業分野において、一定の専門性・技能をもつ外国人を即戦力として受け入れる仕組みが始まりました。
この講座では、新たな在留資格「特定技能」の内容と、実際に外国人を雇用する際の留意点について学びます。
<全2回・参加無料>

開催期間

2019年7月23日から2019年8月8日
<1>7月23日火曜日 18時30分から20時30分まで
<2>8月8日木曜日 18時30分から20時30分まで

開催場所

名称

海老名市役所 7階 703会議室

ホームページ

海老名市役所(施設案内)

内容

<1>新たな在留資格「特定技能」とは
(1)外国人労働の実態 (2)在留資格の種類 
(3)就労可能な在留資格 (4)留学生の働き方
(5)新たな在留資格「特定技能1号・2号」

<2>外国人雇用の留意点~トラブル未然防止のために~
(1)雇入れ (2)社会保険の手続
(3)マネジメントのポイント(コミュニケーション、多様性への配慮等)
(4)トラブルの対応策

講師:弁護士 板倉 由実 氏
(弁護士法人東京パブリック法律事務所 外国人・国際部門)

対象

労働者、人事労務担当者など、どなたでも

募集人数

各回50名(事前申込制)
※申込は先着順です。定員を超え、参加いただけない場合のみご連絡します。連絡がない場合はご参加いただけますので、当日直接会場にお越しください。

費用

無料

申込方法

ホームページ、電話、ファクシミリ

主催者等

主催:神奈川県かながわ労働センター県央支所、海老名市

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。