夢かなっテク通信

掲載日:2019年3月26日

夢かなっテク通信ーかなテク西部に入校し、自分の夢をかなえた方のメッセージです

  • かなテク西部(西部総合職業技術校)では、様々な方が職業訓練を受講されています。
  • かなテク西部に入校し、就職して、自分の夢をかなえた方も沢山いらっしゃいます。そんな夢をかなえた方々のメッセージを紹介します。
  • あなたも、かなテク西部に入校して、ご自身の夢への切符を手に入れてみませんか。

学びの先にある「働く自分」の姿(PDF:175KB) 《NEW》

(機械CADシステムコース Y・Tさん 21歳 男性)

特にあてもなく、大学を目指し勉強をしてきましたが、学びの先にある「働く自分」の姿を思い描き、技術校に入校しました。
出来ないことを出来るに変え、自信に繋げて、仕事の中でしたいことを描けるようになりました。今は、仕事の中で成し遂げたいことがあると胸を張って言えます。
やりたいことが見つからない「あなた」が、素晴らしい技術者として私とともに働くことを、心から待ち望んでいます! という、応援のメッセージです。

出発点(PDF:204KB) 《NEW》

(室内設計施工コース Y・Sさん 19歳 女性)

父親の仕事は建設業。「建築という仕事は地図に残るすごい仕事なんだ」と、本気で建設に関わる仕事がしたいと考えるようになりました。
女性であること、また、障害があることなどから、内装職人を目指して、西部総合職業技術校の室内設計施工コースに入校しました。
現場に出て、何を任せられても、積極的に学ぶ姿勢を忘れず、一日でも早く、現場で役に立つ職人となるという”夢”への第一歩を踏み出しました。

自分の可能性を見つける(PDF:171KB) 《NEW》

(機械CADシステムコース I・Kさん 29歳 男性)

大学卒業後、2年ほどの短期のアルバイトを経て、祖父母が認知症になったため、介護の勉強をして、4年ほど介護しました。
祖父母が亡くなったため、就職を考え、サポートセンターへ。西部総合職業技術校を紹介され、就職することができました。
高校や大学を卒業し、何もできない・やりたいことが見つからない人たちへのメッセージです。

“働く自信”を取り戻して、再就職へ[PDFファイル/223KB]

(ビルメンテナンスコース N・Sさん 40歳代 男性)

失業と病気療養の後、約2年間の自宅療養を経て、ふと手にした「かなテク西部」のパンフレットをきっかけに入校した。
「かなテク西部」では、「熱心な指導員」、「国家資格取得」、「良きクラスメート」という追い風を受け、”働く自信”を取り戻すことができ、目標の再就職を達成することができた。

「ロイター板」で飛びだし、越える[PDFファイル/211KB]

(建築CADコース S・Sさん 52歳 女性)

自分自身の生き方を振り返ったとき、そしてこれからの自分の人生を考えたとき、「転職」という決断をしました。
その道のりは、まっすぐではなかったのですが、西部総合職業技術校という「ロイター板」のお陰で、希望の職種に就くことができ、充実感と達成感のある日々を過ごしています。
これからもチャレンジし続け、飛躍したい。

「社会に恩返しできる職」へ再就職する第1歩[PDFファイル/225KB]

 (ビルメンテナンスコース M・Kさん 59歳 男性)

約40年お勤めになった会社の退職を余儀なくされましたが、これを機に「社会に恩返しできる職」へ再就職して、出来るだけ長く働きたいという夢をかなえました。

「行動すること」が、自分を変える[PDFファイル/227KB] 

 (ビルメンテナンスコース S・Kさん 29歳 男性)

「行動する」ことで、就職氷河期からの空白期間を乗り越え、自分を変えて、「就職」という夢をかなえました。

自分を変える一歩を踏み出す[PDFファイル/115KB]

 (ICTエンジニアコース A・Mさん)

引きこもりがちだったご自身を変えて、一歩前に踏み出すという夢をかなえました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。