神奈川県立花と緑のふれあいセンター”花菜ガーデン”

掲載日:2018年4月3日

新着情報

ようこそ、花菜ガーデンへ

神奈川県立花と緑のふれあいセンター“花菜ガーデン”花菜ガーデン エントランスは、2010年3月にオープンした園芸や農業を楽しみながら学べる施設です。
詳しくは花菜ガーデン公式ホームページをご確認ください。

“花菜ガーデン”公式ホームページへ

 

ハナモモチューリップ花菜ローズあじさいハス収穫体験稲刈り体験秋チューリップ

“花菜(かな)ガーデン”とは

神奈川県立花と緑のふれあいセンター“花菜ガーデン”は、園芸や農業を楽しみながら学べる施設です。
約9.2ヘクタールの広大な園内は、サクラやバラ、クレマチス、モミジなどの約3,280品種の花々が植栽された「フラワーゾーン」と、田植えや野菜の植え付け・収穫などの体験の場となる「アグリゾーン」、農業や食の大切さを学べる体験ルームや、展示室、ライブラリーを備えた「めぐみの研究棟」で構成されています。
花(園芸)や野菜(農)に関する様々な情報を、体験などを通じてご提供しています。
この施設は、県の指定する指定管理者により維持管理・運営が行われています。

花菜ガーデン1