【要望調査は終了しました】外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業について

掲載日:2020年6月2日

※要望調査は終了しました

外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業について(要望調査)

 国は、令和2年度補正予算において、「外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業」(新規)を創設し、外食事業者に対し、1,000万円を上限とした支援(補助率:2分の1)を講じることとしました。

 本事業は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けたインバウンド需要の減少により売上げが大幅に減少している事業者が、当該感染症収束後、速やかにインバウンド需要を回復させるため、衛生管理の徹底・改善を図るための設備・機器の整備や業態転換等を図る際の店舗の改装等の取組を支援するものです。

 本事業について要望調査を行いますので、活用を希望する場合は、必要書類の提出方法等をお知らせします。提出書類を準備する前に下記の問い合わせ先にご連絡ください。※必要書類の提出は、下記のお問い合わせフォームからはできません。

事業の詳細について

 農林水産省ホームページ

提出書類

 事業実施計画書(案)(エクセル:208KB)

 ※事業実施計画の他、BCP等附帯書類の提出も必要になりますのでご注意下さい。

   事業実施計画、BCPの記載方法については以下をご参照ください。

  《記載例》事業実施計画(1店舗1申請の場合) PDF Excel 

  《記載例》事業実施計画(複数店舗1申請の場合)PDF Excel 
  《記載例》事業継続計画(BCP)

提出先・提出方法

 お電話にて、下記問い合わせ先にご連絡ください。

提出期限

 令和2年6月1日(月曜日)17時(必着)※要望調査は終了しております。

 
 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa