食品リサイクル事例5

掲載日:2018年6月20日

【小田原市】家庭生ごみの有効利用を目指して

食品廃棄物の種類及び量

生ごみ 6,350kg/年(平成24年度実績)

再生飼肥料の種類及び量

堆肥 1,424kg/年(平成24年度実績)

食品廃棄物等排出者

報徳小学校周辺の地域住民

廃棄物等再生事業者

報徳小学校

再生物利用者

報徳小学校および地域住民

事業者所在地

小田原市小台405

取組みの概略

本市で推進している生ごみ堆肥化事業として、報徳小学校周辺地域の方々に 協力を得ながら、家庭から出る生ごみを分別回収し、報徳小学校に設置している大型生ごみ処理機で堆肥化に取り組んでいる。

従前の問題点

各家庭から排出される生ごみは、燃せるごみとして回収され、そのまま焼却処理されていた。

取組期間

平成22年6月から現在に至る

費用

生ごみ堆肥化地域業務・委託料 2,275,329円

効果

年間で6,350キログラムの生ごみが堆肥として生まれ変わり、学校農園等で野菜づくりに有効活用され、採れた野菜は学校給食で食され親しまれている。

今後の課題

大型生ごみ処理機の維持管理、参加世帯の拡大など

関連情報

生ごみの収集・運搬等の協力業務については、シルバー人材センターの協力を得て行っている。

この取組みに関する問い合わせ先

小田原市環境部環境政策課ごみ減量推進係

0465-33-1475 (三浦)