食品リサイクル事例10

掲載日:2018年6月20日

【松田町】廃食用油回収モデル事業

食品廃棄物の種類及び量

廃食用油(植物系) 2,935kg/年

再生飼肥料等の種類

BDF(バイオディーゼル燃料)

食品廃棄物等排出者

町内飲食店及び学校

廃棄物等再生事業者

あしがら環境保全株式会社

再生物利用者

松田町(公用車(役場ダンプ、幼稚園バス))

再生事業者所在地

南足柄市狩野486

取組みの概略

飲食店や学校より排出される食用油を月1回回収し、BDFとして精製し公用車に利用する。

取組期間

平成23年4月から

費用

約150千円

効果

廃棄物として処理されていたものが、燃料として利用されることとなるとともに、意識の高揚が図られている。

今後の課題

回収対象を一般家庭に拡大することを検討しているが、植物系油に限定されることから、動物系油の混入が懸念される。

この取組みに関する問い合わせ先

松田町環境経済課環境農林係 0465-83-1228

Kankyo@town.matsuda.kanagawa.jp