食品リサイクル事例8

掲載日:2018年6月20日

【南足柄市】廃食用油のリサイクル事業

食品廃棄物の種類及び量

17,759kg/年(平成24年度収集量実績)

再生飼肥料等の種類及び量

バイオディーゼル燃料 1,162kg/年(平成24年度使用量実績)

食品廃棄物等排出者

南足柄市民及び市内学校給食

廃棄物等再生事業者

あしがら環境保全株式会社

再生物利用者

南足柄市役所

再生物利用者所在地

南足柄市雨坪595番地(南足柄市最終処分場)

取組みの概略

市民および学校給食からでる廃食用油を回収して、BDF精製等のリサイクル処理によりごみの減量化・資源化をはかり、市最終処分場重機の燃料として使用する。

従前の問題点

廃食用油回収方法、BDF精製の受託先、軽油引取税の問題

取組期間

平成20年1月よりモデル地域テスト施行、平成20年4月より市内完全施行。

費用

 

効果

可燃ごみ収集量の減少

今後の課題

ディーゼルエンジンの燃料供給方式の変更(燃料ポンプ方式→コモンレール方式)により、BDF使用可能なエンジンが減少している。

関連情報

 

この取組みに関する問い合わせ先

担当:南足柄市役所 市民部 環境課 環境衛生班 0465-73-8059

E-mail: kankyou-eisei@city.minamiashigara.kanagawa.jp