有限会社吉田牧場 吉田雅章さん

掲載日:2018年4月19日

かながわの自慢!表彰された農畜産品教えます!


 今回、取材にご協力いただいたのは、平成29年度神奈川県乳牛共進会の経産※の部門で
最高位賞の知事賞を受賞した酪農家「(有)吉田牧場」の吉田雅章さんとお母さんの恵子さんです!


まずは一日の仕事のスケジュールを教えていただきました。吉田さんと牛
朝6時00分~牛舎の掃除、餌やり
 8時30分~搾乳、餌やり、掃除
夜17時00分~掃除、餌やり
 18時00分~搾乳、餌やり、掃除
空いた時間で、事務仕事や検査の対応など。


 これを365日休みなく繰り返すそうです。特に、「吉田牧場」さんの様な表彰を受ける乳
牛は、1日の牛乳の出る量が多いので、1日でも作業を欠かしてしまうと、牛の乳房がは
ってしまい、健康上の被害が出てしまうので手は抜けないとのこと。こうした努力によっ
ておいしい牛乳が毎日飲めることに感謝したいと思います。


 続いて、吉田さんの生産のこだわりについて伺いました。吉田さんと牛

 一番こだわっているところは、「ストレスのない環境で愛情を持って育てること」だそうです。一頭一頭の牛の乳量や健康状態で与える餌の種類や量を変えたり、1日に4回程度掃除を頻繁におこない衛生状況に気を配ったりしています。
 品評会でもそのこだわりが認められ、神奈川県で一番美しく、生産の効率性も高い乳牛ということで最高位の知事賞を受賞されました。実は神奈川県乳牛共進会を2連覇している吉田さんですが、今回の受賞を受けて、「まだまだ改良することはたくさんある。毎年1年生みたいなものです。」とさらなる品質の向上に意欲を燃やしています。
 来年の共進会も楽しみですね。

 

吉田牧場の牛

 最後に、吉田さんおすすめの牛乳の飲み方を教えていただきました!
「やはり牛乳は冷やしてそのまま飲むのが一番!」と吉田さん。しかし、吉田さん自身もコーヒー牛乳にして飲んだりもするそうで、一番の願いは「消費者の皆さんが1日1回は牛乳や乳製品を口にすること」だそうです。


 

 皆さんも毎日の健康習慣に牛乳をとりいれてみてはいかがでしょうか?


※経産 出産を経験した牛