本沢ダム

掲載日:2018年4月13日

本沢ダム(相模川総合開発共同事業)

沿革

本沢ダムは、相模川総合開発共同事業として、城山ダム建設とそれに伴い、公営電気事業として唯一の純揚水発電所である城山発電所の上池として夜間に貯水するために、昭和40年に築造しました。

ダムは、県内のそれまでのダムとは異なり、岩石を積み上げて作る、フィルタイプダムと呼ばれる形式を採用しました。

諸元

本沢ダム

型式 中央土質遮水(しゃすい)壁型フィルタイプダム
堤高 73.0メートル
堤頂長 234.0メートル
湛水面積 0.210平方キロメートル
総貯水容量 3,927,000立方メートル
有効貯水容量 3,835,000立方メートル
利用水深 28メートル
常時満水位 標高280.0メートル

 

本沢ダム断面図(単位:メートル)

本沢ダム断面図

数字等、見づらい場合はこちらをご覧ください。

本沢ダム断面図[その他のファイル/58KB]

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019