相模川水系と酒匂川水系間の連携について

掲載日:2018年10月23日

相模川水系の下流には「相模大堰」と「寒川取水堰」、酒匂川水系の下流には「飯泉取水堰」があり、これらの堰から安定的に取水を行なっております。

水系間の連携図

酒匂川下流の「飯泉取水堰」から川崎市内の神奈川県内広域水道企業団西長沢浄水場までをつなぐ長大な導水管と、その途中で連絡している相模川水系の「相模大堰」からの導水管を利用することで、相模川水系と酒匂川水系の2水系間の水を相互に融通することが可能であり、両水系の水利用や災害時、水質事故等による影響を低減するバックアップ機能を強化しています。

 

関連リンク

かながわの水がめ(相模湖・津久井湖・宮ヶ瀬湖及び丹沢湖の貯水状況)

相模川・酒匂川水系図

三湖の総合運用(国土交通省 関東地方整備局 相模川水系広域ダム管理事務所ホームページ)

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa