平成29年の「かながわの水がめ」の状況

掲載日:2018年5月18日

 平成29年は、神奈川県内のダム上流域では記録的な少雨が続き、城山ダムと三保ダムの1月から7月までの上流域合計降水量は観測開始以来、最少を記録しました。

 この少雨により、相模川水系3湖合計貯水量(相模湖・津久井湖・宮ヶ瀬湖)は、平成29年8月6日に123,863千立方メートル(貯水率56%)となり、宮ヶ瀬ダムが全面運用を開始した平成13年以降、最低貯水量となりました。酒匂川水系の丹沢湖貯水量も同日に25,119千立方メートル(貯水率56%)まで低下しました。

 両水系の貯水量が大幅に減少する中、相模川水系では水の有効利用を図るため、相模ダム・城山ダムと国の宮ヶ瀬ダムが連携した水の「総合運用」と、きめ細やかな水運用を行うとともに、相模川水系と酒匂川水系の2水系間をつなぐ導水路を利用した、「水系間の連携」を実施し、水道用水などの安定供給に努めました。

 8月の台風5号により、水の貯まりやすい相模ダム・城山ダムと三保ダムの貯水量は回復しましたが、水が貯まりにくい宮ヶ瀬ダムは、回復までには至らず、その後、10月の台風21号と22号に伴う降雨により、10月下旬には、両水系ともに貯水量は回復し、水不足の心配はなくなりました。

平成29年の貯水状況写真

【相模川水系(城山ダム)】

平成29年夏の状況

城山ダム夏の状況の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回復後の状況

城山ダム回復後の状況の画像

 

 

【酒匂川水系(三保ダム)】

平成29年夏の状況

三保ダム夏の状況の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

回復後の状況

三保ダム回復後の状況の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考資料(平成29年の降水状況、貯水状況)はこちら(PDF:1,508KB)

 

【関連リンク】

神奈川の水利用と総合運用のしくみはこちら

相模川水系と酒匂川水系の水系間の連携についてはこちら

リーフレット、パネル「かながわの水がめ」はこちら

リーフレット「渇水に強い神奈川 その3つのヒミツ」はこちら

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019