「かながわの水がめ」の状況

掲載日:2018年4月13日

8月以降の降雨により、当面、水不足の心配はなくなりました

今年、県内のダム上流域では、少雨傾向が続いたことにより、平年よりダム貯水池の貯水率が低くなっていたため、県内4ダムを最大限に活用する「水系間の連携」を行い、水の安定供給に努めてまいりました。

8月の台風5号、10月の台風21・22号等により、10月31日現在の県内4ダムの貯水率は93%と、10ヵ年平均(84%)以上に回復しました。

今後とも降雨の状況などに応じて、関係機関と十分な連携を図り、水の安定供給に努めてまいります。

 

最新の貯水状況はこちら

かながわの水がめ(相模湖・津久井湖・宮ヶ瀬湖及び丹沢湖の貯水状況)

 

 

 
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019