道志ダム・牧野取水堰(せき)

掲載日:2018年4月13日

道志ダム(相模川河水統制事業)

沿革

道志ダムは、相模ダム・沼本ダム建設の相模川河水統制事業に続く、第二次増強事業として昭和30年に築造されました。この事業は、県内の水道用水、農業用水、発電用水の確保・増強のため、道志川の水を、道志第1発電所を経由し、流域変更して秋山川に放流し、相模ダムに流入する流量を増加させるものです。

また、ダム下流の鮑子取水堰から横浜市が水道用水を取水する流量を道志第2発電所から、道志川の維持流量をダム直下から、道志川に放流しています。

なお現在は、道志川の水は道志ダム上流から道志導水路により、宮ヶ瀬ダムに導水されており、余剰水分を相模ダムに導水しています。

 

相模川水系高低図

諸元

道志ダム

型式 重力式コンクリートダム
堤高 32.8メートル
堤頂長 74.0メートル
湛水面積 0.142平方キロメートル
総貯水容量 1,525,000立方メートル
有効貯水容量 616,100立方メートル
常時満水位 標高314.0メートル

 

 

道志ダム断面図(単位:メートル)

道志ダム断面図

数値等、見づらい場合はこちらをご覧ください。

道志ダム断面図[その他のファイル/226KB]

道志ダム発電所

小水力発電所(維持放流設備)

諸元改良前、改良後画像

発電所型式 ダム水路式
最大出力 50kW
最大使用水量 毎秒0.40立方メートル
有効落差 18.50メートル
水車 横軸プロペラ
発電機 横軸三相誘導
台数 1台
運転開始 平成18年12月

 

道志ダムでは、下流の河川環境保全のために、昭和54年より奥相模湖の水を電動ポンプで汲み上げダムの直下に放流してきました。

平成18年には、この放流設備を電動ポンプ方式から自然流下方式に改良し、併せて遊休落差を利用した最大出力50kWの小水力発電所を建設しました。

道志ダム発電所のしくみ

<道志ダム発電所建設による効果>

  1. 自然流下による安定的な河川維持放流の確保
  2. 電動ポンプを使用しないことによる、電力消費と温室効果ガス(CO2)の削減
  3. 小水力発電による自然エネルギーの有効活用(項目2,3を合わせて年間約350トンのCO2を削減する効果があります。)

牧野取水堰(せき)

牧野取水堰は、廃止された水力発電所の取水設備として残されていたものを、整備し再活用をおこなったものです。これにより、開発にかかるコストを削減し、中小水力の開発として道志第3発電所を建設しました。

諸元

牧野取水堰・背面

型式 重力式コンクリート堰
堤高 5.8メートル
堤頂長 32.7メートル
湛水面積 -
総貯水容量 -
有効貯水容量 -
常時満水位 -
本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる