凍雪害対策について

掲載日:2018年12月1日

         ・当所職員によるパトロール状況       ・委託業者による除雪作業状況

  凍雪害1 凍雪害2    

 凍雪害対策について  

 県西土木事務所では、12月1日から翌年3月31日までの4ヶ月、降雪時や路面凍結時における交通障害、スリップ事故の発生を防ぐため、凍雪害対策の体制をとっています。

 具体的な作業は、道路パトロールの実施や管内に設置している積雪感知器および道路監視カメラにより、路面状況、気温、積雪量などを把握しながら、凍結防止剤散布や除雪などの作業を実施しています。

「すべり止め必要」について

 道路情報提供盤に「すべり止め必要」の道路情報が出たら、夏用タイヤでの走行をやめ、すべり止めの着装を必ずお願いします。また、「すべり止め必要」の道路情報が出なくても、冬期間の早朝は路面凍結が著しく、特に山間部の坂道やカーブ、また山間部に限らず橋の上などは大変危険ですので、スピードの出しすぎに注意し、慎重な運転をお願いいたします。

平成30年度 凍雪害対策本部設置について (PDF:417KB)

 

                  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる