ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県土・まちづくり > 道路・交通 > 昭和47年山北災害について|工務部 河川砂防第二課

更新日:2020年8月3日

ここから本文です。

昭和47年山北災害について|工務部 河川砂防第二課

昭和47年山北災害

当時の状況について

災害状況の写真

昭和47年7月11日から12日にかけて、県西北部は前線による激しい集中豪雨に見舞われ、西丹沢山塊より発する酒匂川水系中川、玄倉川、世附川一帯ではおびただしい土砂崩壊、土石流災害が発生しました。
当時の降雨量は、丹沢の塔ノ岳で総雨量524mm、日雨量383mm、時間雨量129mmにもなり記録的なものでありました。

被災状況

土石流災害は、山北町箒沢地区を中心に発生し、死者不明者9名という尊い命を奪ったほか、家屋や公共施設なども甚大な被害を生じさせました。

被災状況の写真1

被災状況の写真2

被災状況の写真3

被災状況の写真4

この山北災害発生の年には、災害復旧砂防事業などにより砂防えん堤が緊急に施工されるとともに、災害以後も砂防対策の重点整備が続けられました。(写真:「神奈川土木行政のあゆみ」より)

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 県西土木事務所です。