飼えなくなった動物について

掲載日:2018年4月18日

飼えなくなった動物の引取り

動物は飼い主を選ぶことができません。最期まで責任を持って飼うことが、飼い主の責務です。

どうしても飼い続けることができなくなった場合、まずはご自身で新たな飼い主を探してください。

新たな飼い主を見つけることができなかった場合は、事情をお聞きした上で、やむを得ないと判断される場合に限り引取りを行っています。引取りはあらかじめ電話相談を受けておりますので、必ず当所(0463-58-3411)又は最寄の保健福祉事務所へ電話でご相談ください。

なお、当所の管轄地域は、神奈川県内のうち、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市・藤沢市・茅ケ崎市及び寒川町を除く県域です。当所の管轄地域以外の各市にお住まいの方は、各市の動物愛護センターまたは保健所へご相談ください。

また、次の点にご注意ください。

飼い犬が人や動物を咬んでしまった場合は、咬んでから2週間引取りができません。飼い主の方は必ず最寄りの保健福祉事務所へ届出をしてください。

動物取扱業を営む方からの、動物の引取りには応じられません。

過去1年以内に、動物の引取りを申し出た方からの再度の引取りには応じられません。

原則として致死処分となることをご家族全員が了承していない場合、動物の引取りには応じられません。

動物が年をとった、病気だからという理由の場合は、引取りをお断りすることがあります。

動物の新しい飼い主を探す努力をしていない場合は、引取りをお断りすることがあります。

飼えなくなった動物の引取りを求める場合は、飼い主が当所又は最寄の保健福祉事務所へ連れてきて下さい。

 

 

詳細につきましては、当所(0463-58-3411)又は最寄りの保健福祉事務所まで電話でお問い合わせください。

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる