動物保護センターの沿革

掲載日:2018年4月18日
年月 概要
昭和47年 4月 神奈川県犬管理センターとして開設
昭和49年 9月 動物の保護及び管理に関する法律の施行に伴い、動物愛護週間事業として「動物愛護のつどい」を開催
昭和50年 4月 不妊去勢手術を施した子犬を譲渡する「子犬の里親制度」を開始
昭和52年 5月 犬による危害防止対策から動物保護行政へと質的転換を目指し、名称を神奈川県動物保護センターと改称
昭和55年 1月 神奈川県犬による危害防止条例(昭和46年6月施行)の廃止と神奈川県動物の保護及び管理に関する条例の施行に伴い、犬関係業務のほか飼えなくなった猫の引取り、指定動物の飼養許可、動物販売業の届出受理等の業務を開始
平成2年 4月 動物愛護意識啓発の起点としての「ふれあい動物ひろば」を開設
平成4年 5月 人と動物との調和のとれた共存社会推進事業として、適正な犬の飼い方を普及するため「犬のしつけ教室」や「訓練犬のデモンストレーション」、福祉等の施設へ小動物とともに訪問する「コンパニオンアニマル活動」を開始
平成7年 4月 学術研究機関への犬・猫の払い下げを廃止
平成10年 6月 動物慰霊碑隣接地に「やすらぎの丘」(花壇及び埋葬場所)を整備
平成12年 4月 相模原市の地域保健法政令市移行に伴い、5コース体制から4コース体制に変更
平成13年 4月 神奈川県動物の愛護及び管理に関する条例が施行され、「動物取扱業の届出」及び「動物取扱主任者認定講習会」を開始
平成14年10月 「子犬の里親制度」の名称を「子犬の譲渡制度」に改正
平成18年4月 藤沢市の地域保健法政令市移行及び、相模湖町、津久井町の相模原市合併に伴い、4コース体制から3コース体制に変更
平成18年 6月 6月1日からの改正動物愛護及び管理に関する法律の施行により、動物取扱業が「届出制」から「登録制」に規制強化され、指定動物も特定動物と名称を統一
平成19年 4月 「子犬の譲渡制度」の名称を「犬の譲渡制度」に改正
平成20年 3月 「神奈川県動物愛護管理推進計画」を策定
平成22年4月

ホームページに収容犬の公示を掲載

相模原市の政令指定都市移行に伴い、同市の動物取扱業及び特定動物に関する事務を移管

平成23年 4月 犬の譲渡会と併せて猫の譲渡会を開始し、「犬の譲渡制度」の名称を「犬・猫の譲渡制度」に改正
平成26年 4月 平成25年度に当所に収容された犬の殺処分が初めてゼロになる
平成27年 3月 煙突・焼却炉の除去
平成27年 4月 平成26年度に当所に収容された猫の殺処分が初めてゼロになる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019