神奈川県における財務書類4表の作成(平成20年度末)

掲載日:2019年12月20日

1 作成の趣旨

神奈川県では、県民の皆さんに、県財政全体の状況を理解していただくための一つの手段として、企業会計的手法を取り入れて作成するバランスシートを、平成11年6月に平成9年度末のものを公表して以来、これまで継続して取組みを進めてきました。

平成20年度決算から、総務省の「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針」(平成18年8月31日)に基づき、貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書及び資金収支計算書の4表を「地方公共団体財務書類作成に係る総務省方式改訂モデル」を基準(※)として、作成することとしました。

※総務省方式改定モデルの採用にあたり、本県も含め、多くの道府県で採用される作成方式であり、今後、財務書類4表について全国的な比較・分析が可能であるというメリット等を考慮しています。

2 作成の基準

貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書及び資金収支計算書の4表を、「地方公共団体財務書類作成に係る総務省方式改訂モデル」により作成しています。

(1) 対象会計範囲(PDF:117KB)

(1)普通会計

(2)県全体・・・・・・・・・普通会計+公営事業会計

(3)連結・・・・・・・・・県全体+関係団体(関係団体:一部事務組合、地方公社、第三セクター)

※普通会計とは、地方自治法に基づいて毎年定期的に実施されている「地方財政状況調査(一般には「決算統計」といわれています)」における統計上の会計区分で一般行政部門を意味するものであり、一般会計のほか、公営事業会計に属するもの以外の会計をいいます。

(2) 作成基準日

平成21年3月31日

(3) 基礎数値

総務省による「地方財政状況調査」及び「地方公営企業決算状況調査」

歳入歳出決算調書

各団体の貸借対照表

3 財務諸表

(1) 貸借対照表(PDF:414KB)

(2) 行政コスト計算書(PDF:333KB)

(3) 純資産変動計算書(PDF:232KB)

(4) 資金収支計算書(PDF:305KB)

4 関係資料(PDF:607KB)

GetAcrobatReader

PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(AdobeSystemsIncorporated)が無償配布しているAdobeReaderが必要です。お持ちでない方は、上のアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。なお、このファイルは別ウィンドウで表示されます。


このページの先頭へもどる

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa