自己肯定感を高めるための支援プログラム

掲載日:2019年3月14日

冊子

理論編 実践編
『理論編』
(PDF:4,264KB)
『実践編』
(PDF:9,530KB)

 概要版

        表紙             表紙    
活用のための概要版リーフレット
(PDF:1,343KB)
      
家庭・地域向け概要版
(PDF:1,320KB)
                       


 神奈川県教育委員会では、全ての子ども・若者の未来を信じて、そして、神奈川で生まれ、育った子ども・若者たちが、自己肯定感をもってほしいという願いのもと、「見つける→気づく→関わる」というプロセスからなるプログラムを平成29年5月に作成しました。かながわの子ども・若者を支援する皆様におかれましては、問題行動等の未然防止の観点から本冊子を御活用ください。

本プログラム作成にあたっての基本的な考え方
「全ての子ども・若者の未来を信じて」という理念のもと、

1 包括的な支援(学校・家庭・地域社会)につなげること

  • 大人が子ども・若者と関わる日常の中で常に行えるようなプログラムとすること

2 「予防」と「協働」 

  • 子ども・若者の変化に気づいた時には必ず支援を行うという「予防」の観点と、専門職等の関係者に相談するなどの「協働」の視点を位置付けること

3 児童・生徒を学校(教員)が支援する成長段階別のプログラム実践

  • 実践編を子ども・若者の成長段階別の教職員向けとし、家庭、地域、関係諸機関でも汎用的に活用できるプログラムとすること

4 子ども・若者の自己肯定感を高めること

  • 子ども・若者が「自己肯定感」をもてるような大人の見方や関わり方をプログラムの中核に据えること

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa