かながわの子ども・若者支援のあり方検討会議

掲載日:2018年3月19日

かながわの子ども・若者支援あり方検討会議について(報告)

本県では、生得的要因や環境的要因などが重なって、自己有用感を持てない子どもや、社会との関わりが困難な子ども・若者への支援のあり方を協議するため、「かながわの子ども・若者支援あり方検討会議」を設置し、協議を行いました。

(本会議の所掌事項)

(1) 児童・生徒の問題行動等の未然防止に関すること

(2) 問題行動等を抱える児童・生徒への対応に関すること

(3) 青少年の心の居場所づくりと学び直しに関すること

(4) その他、上記各号に関連すること

(報告書)
かながわの子ども・若者支援あり方検討会議(報告書)[PDFファイル/562KB]

 

かながわの子ども・若者支援プログラム研究会

県教育委員会では、検討会議報告書の政策提言を受け、子ども・若者の自己肯定感を高めるための支援プログラムを作成するために、平成28年8月「かながわの子ども・若者支援プログラム研究会」を設置しました。
研究会では検討会議報告書の趣旨や内容を十分に踏まえて研究・協議を重ね、プログラムを作成しました。

自己肯定感を高めるための支援プログラム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。