高等学校実践事例「いじめ」

掲載日:2018年3月13日

 

高等学校全日制高等学校定時制高等学校通信制

高等学校篇 【いじめ】

いじめ対策・予防・グループエンカウンター

全日制

高等学校(全日制) 実践事例【いじめ】
番号 取組内容
1 平成25年5月から、月ごとにスクールカウンセラーによる教育相談日を設定し、生徒、保護者の相談に応じた。また、必要に応じて、関係職員との連携を図った。
2 「いじめ・思いやり」をテーマに、平成25年4月の1学年集会で講話を行った。
3 文化祭において、中学生のいじめ・自殺をテーマにし、話し合いによって問題を解決する演劇を発表した。
4 現代社会の授業で、いじめの問題を考えた。ニュースや小説を通じて、いじめは人間の尊厳にかかわる問題であること、命にかかわる問題であることを理解した。いじめをなくすためには、常に誠実に生きていこうと努力する必要があること、また、他の人がいじめられているときに黙っていることはいじめを認めたことになる等、いじめが身近で深刻な問題であることを理解した。
5 校内から暴力・いじめをなくす雰囲気を醸成する「いじめ・暴力防止キャンペーン」を実施した。(全校生徒対象)
6 いじめの根絶を目的に、どんな些細なことも見逃さず、いじめにつながる小さな芽を摘むために、教育相談アンケートを実施。
7 道徳の授業において、いじめに関する内容を取り扱った。絵の内容について、いじめについて考えた。
8 現代社会の授業において、現代社会における青年の生き方について自覚を深めた。
9 英語2の授業で、いじめを題材にした教材を活用して、一人ひとりのいのちの大切さを考えさせる授業を実施。
10 全校集会において、いじめについての講話を行い、日々の些細なできごとがいじめにつながることがあることに留意し、生徒同士が互いに注意し合えることの大切さに言及した。
11 全校生徒を対象に、いじめについてのアンケートを実施した。いじめの早期発見及びいのちの大切さを理解することを目的とした。
12 総合的な学習の時間の授業において、学年研修会「携帯電話教室」を実施し、携帯電話がいじめ等の原因になる場合があることを知り、いのちの大切さについて学んだ。
13 ホームルームや学年集会で、インターネット上のいじめについて考えさせる講演を行った。
14 ロングホームルームのいじめ防止に係る「第1回アンケート」の説明等において、いのちの大切さについて学んだ。

 

定時制

高等学校(定時制) 実践事例【いじめ】
番号 取組内容
1 保健だよりでいじめ防止に関する記事を載せ、全生徒に配付した。また、生徒がいじめ防止ののポスターを作成し、掲示した。
2 平成25年6月26日(水曜日)に、全校生徒を対象に、いじめアンケートを実施した。 
3 いじめに関するアンケートを全校生徒を対象に実施し、いじめの実態把握とともに、「人を思いやる心」と「人を傷つけない心」及び「いのちの大切さ」について考えた。
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa