中学校実践事例「健康・保健」

掲載日:2018年3月13日

中学校篇 【健康・保健】

健康の保持・生活リズム・食中毒・薬物

中学校 実践事例 【健康・保健】
タイトル 実施日 学年 教科等 参加人数 概要 詳細
別紙
1年 受精と妊娠
3年 性感染症の予防 
6 11 13

1

3

保健体育 188
人女子87人
生命の生まれる神秘、命の大切さ、自他の命の尊重、思いやる心を育む。
正しい知識を持ってエイズを予防し、HIVに感染した人々と生きる。性的接触をしないこと。コンドームを正しく使うこと。
 
薬物乱用防止教室 7 8 0 特活 216人 長い夏休みややもすると好奇心や開放感から安易に薬物に手をだすことも予想されることから、薬物の恐ろしさについての知識や対応について、外部より専門家を招き講演会を開催した。この取り組みを通して、薬物の恐ろしさについての理解を深めることのみならず、自他の命の大切さについて考える機会にもなった。  

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa