特別支援学校実践事例「福祉・キャリア」

掲載日:2018年3月13日

特別支援学校篇 【福祉・キャリア】

高齢者との交流・障害・医療

特別支援学校 実践事例 【福祉・キャリア】
タイトル 実施日 学年 教科等 参加人数 概要 詳細
別紙
現場実習を通して 6
から
7
24
から19
2

進路学習

職業

10人 各生徒一人ひとりが会社等で働くことで「社会の役にたてている」ことの喜びを実感するとともに、働くことの意味を理解し就労意欲を培うことをねらいとしている。
さらに、工場や商店等で自分が働いている姿を他の職員から認められたりアドバイスをもらうことで、社会の一員であることを自覚し他の人と協働することの大切さをしることもできる。
この現場実習を行うことで、障害のある人も職場の一員になって働くことで、ノーマルぜーションやインクルージョンの地域社会につながっていくこをもねらいのひとつにあげられる。
 
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa