特別支援学校実践事例「食育」

掲載日:2018年3月13日

特別支援学校篇 【食育】

菜園・栄養・調理

特別支援学校 実践事例 【食育】
タイトル 実施日 学年 教科等 参加人数 概要 詳細
別紙
食とカロリー
について考える
6 29 2 グループ学習 8人 それぞれが身長や年齢などから自分の基礎代謝カロリーを確かめて、それに見合う一日の食事とおやつについて考えました。最初は食品のカロリーを伏せて自分の食べたい食品の組み合わせを朝・昼・おやつ・夜と選んでいき、その後、それぞれの食品のカロリー量を当てはめて、自分の選んだ食事が合計で何カロリーなのかということをゲーム形式で行いました。途中で自分の選んだ食事がカロリーオーバーをしてしまうことに気づき、1から2品少なくするなどをする生徒が何人も見られました。  
野菜を育てて
食べてみよう

4

から7

- 肢体
小3
生活 8人 苗を購入し、ミニトマト、ナス、ピーマン、枝豆、ゴーヤを植えた。収穫したものは家庭に持ち帰り、話題にしてもらったり調理して食べてもらったりした。学校では調理実習を行い、夏野菜のカレーや枝豆スープを作る予定である。栽培や調理を通して、生長や食べること、生きることについて学ばせたい。  
「サツマイモの苗を
植えよう」
5 30

小・知的
1

から

6

生活 25人 児童一人ひとりがサツマイモの苗植えと玉ネギの収穫をして、作物を育てることを体験した。授業後は、各クラス毎に苗の水やりや畑の除草をしながら生長を記録していく。10月末まで世話を続けて収穫し、芋は調理して食べる。自分で収穫した玉ネギを家庭に持ち帰り、保護者に料理をしてもらって食べた。  
自分たちで育てたジャガイモを調理して食べよう 6 19 中・知的
3
生活 9人 昨年度の3月(2年次)に、草木灰をつけた種イモを畑に埋めるところから始め、デジカメ写真を利用してジャガイモの成長記録を作成するなどしながら、栽培を続けてきた。
今年度の6月に学年全員でそのジャガイモを収穫し、それをどう食べたいか考え、「ポテマヨチーズ焼き」にすることに決定。
教員が提示した料理手順を確認しながら、みんなで協力して調理を行い、おいしく食べることができた。
生きるために必要な食べ物が、人の口に入るまでにはいろいろな手間暇がかかっていることや、植物のありがたさが、少しでも伝わってくれればというのが、授業のねらいであった。
 
じゃがいもを収穫しよう 6 12 高・肢体
3
LHR 12人 昨年度より生育していたじゃがいもの収穫を行った。最初に教室で本物のじゃがいもを見せて
名前を当てさせたり、匂いや手触りを体感させたりした。次に教員が包丁でじゃがいもを切ってみせて、断面の様子や、切ったあとの匂いを確認させた。じゃがいもがどのようなものか理解させた後、屋外の畑に出る廊下から、じゃがいもを収穫させた。廊下から畑まで4m程あるため、教員がじゃがいもにすずらんテープを取り付け、生徒は廊下からテープを引き寄せて収穫した。魚釣りゲームのように、土からじゃがいもが出る時の抵抗感や、近づいてくるじゃがいもが見えると、生徒から期待の声があがった。クラス全員で協力する楽しさや、教室で見せたじゃがいもとは異なる土のついたじゃがいもの生々しさを感じ、植物の生命感を学ぶことができた。
 
朝ご飯を食べよう 5 21 高2 家庭 14人 朝ご飯の大切な役割を知り、朝ご飯を食べないと様々な悪影響が身体に起こることを、プリントや事例を通して学んだ。  
食べ物を育てて食べよう 4,5 - 2 生活単元学習 20人 さつま芋やきゅうりを苗や種から育てる。水をあげないと枯れてしまって食べられなくなるけれども、丁寧に扱い、大切に育てれば大きく成長し、自分の成長の糧になることを知る。

別紙

1

2

3

4

サツマイモ苗植え 5 21 -

理科 家庭科


総合的な学習の時間

32人 サツマイモの苗植え、水やり、除草、収穫(2学期)を中学部全員で取り組み、自然、食物への関心を高める。 別紙
バケツ稲の栽培 5
から
- 小学部
高学年
生活 11人 バケツで稲を栽培しながら,植物の成長する様子を知る。実った米は,収穫した後実際に食べて自分たちが栽培したものを実感する。  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa