小学校実践事例「人権・平和」

掲載日:2018年3月13日

小学校篇 【人権・平和】

被爆者講話・差別・歴史

小学校篇 実践事例【人権・平和】
タイトル 実施日 学年 教科等 参加人数 概要 詳細
別紙
被害者の気持ちを考える 7 5 6 学級会活動 約30人 「自分だったら」「自分の大切な人だったら」と視点を変えてみることによって、被害者の痛みや悔しさに少しでも近づき共感する。  
アンパンマンたんじょう
(生命尊重)
4 25 2 道徳 30人 平和を大切にし、すべての生命を尊重する心情を養うとともに、思いやりの心を持つことの大切さに気づかせる。  
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa