小学校実践事例「福祉・キャリア」

掲載日:2018年3月13日

focus 

【注目事例】 
心の交流

握手する様子

詳細[PDFファイル/43KB]

Qあくしゅをしたとき、どんなきもちになりましたか

1年生 

  • うれしいきもち。どうしてかというと、ありがとうっていってくれたから。
  • あたたかいきもちになりました。
  • なんかちょっとあたたかかった。

2年生

  • ありがとうございます。またくるからね。
  • かえるのがさみしい。
  • いつまでも元気でいてほしい。なぜかというと103才の人が一人いたからです。
  • またここにいつかきます。すてきな人と話せたりしてたのしかったです。
   

小学校篇 【福祉・キャリア】

高齢者との交流・障害・医療

小学校篇 実践事例 【福祉・キャリア】
タイトル 実施日 学年 教科等 参加人数 概要 詳細
別紙
心の交流 7 3 1,2 生活科

生徒22名

高齢者
15名

計37名

生活科で、学区内にある老人福祉施設を訪問した。
【ねらい等】
高齢者との交流を通して、「人を思いやる心」「高齢者を大切にする心」を育てたい。可能であれば、イベント的なものでなく、自然なふれあいになるように、継続的に実施していきたい。
【活動内容】
高齢者の方と「そうめん流し」を体験
歌のプレゼント「上小学校校歌・With youありがとう」と合唱「たなばた」
輪投げゲーム
握手会
詳細

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa