小学校実践事例「健康・保健」

掲載日:2018年3月13日

小学校篇 【健康・保健】

健康の保持・生活リズム・食中毒・薬物

小学校 実践事例 【健康・保健】
タイトル 実施日 学年 教科等 参加人数 概要 詳細
別紙
いのちを大切にする心を育む
Season3
元気な心を育てよう
6 26 学級活動 440人 アンケートによる心のいらいらの調査結果から、その原因を探った。
いわゆる”ちくちく言葉”による心のきずが、いらいらにもつながっていることがわかり、あらためて、みんなで気をつけることになった。その上で、心のいらいらを和らげるため、講師の方より”ラジヨガ体操”を教えていただき、ラジヨガ体操を体験した。計画では、グラウンドの芝生の上で参加者全員で体験の予定だったが、雨天のため、体育館で児童(380人)が体験した。
児童からは、「リラックスした。」「家でもやってみたい。」などの感想があった。今後、11月の第2回学校保健安全委員会に向けて、心を元気にするための具体的な実践が課題である。
 
思春期の体の変化 7 4
10
17
4 保健学習 18人 3年までに学習した性教育のことをもとに担任の先生にクイズをつくろう。
男子の体の中の変化について知ろう。
女子の体の中の変化について知ろう。
思春期っていつ?どんなことが起きるの?
男女の体の外側の変化って?
児童の感想
思春期の今ごろの私たちの体は大人になってから赤ちゃんを作る準備をしていることを知った。
命を作るために体の中でいろいろなことが起きるのがびっくりした。子どものときに大人になる準備をしているのをしってびっくりした。
私は子どもから大人になる時こんな変化をしているのを初めて知りました。自分の中で小さな命のもとができるのはびっくりしました。
私は子どもから大人になる時、女の人はとても大変なんだなと思いました。命の元が今から始まっているのがすごいと思いました。大人になる体には色々な変化が起きるのがたくさんあってびっくりしました。
 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa