ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県土・まちづくり > 道路・交通 > 今後3年以内に供用が見込まれる主な路線・箇所

更新日:2022年3月31日

ここから本文です。

今後3年以内に供用が見込まれる主な路線・箇所

今後3年以内に供用が見込まれる主な路線・箇所

供用見込み路線・箇所一覧表

今後3年以内に供用が見込まれるものは、次のとおりです。

これらについては、早期に事業効果の発現を図るため、重点的に事業を進めてまいります。

なお、供用目標年度については、財政状況や用地取得状況等により変更する場合があります。


項番

路線名

箇所名

供用目標年度

延長

(km)

備考

所管事務所等

1

県道42号(藤沢座間厚木)

〔綾瀬スマートIC関連〕

綾瀬市小園

R3.3.31(開通)

-

 

厚木土木事務所東部センター

2

県道603号(上粕屋厚木)

伊勢原市上粕屋~西富岡

R元
(開通)

1.2

石倉橋交差点から日向薬師入口交差点までのL=1.2kmは、令和元年7月16日に開通しました。

新東名高速道路伊勢原大山ICの接続道路は、令和2年3月7日に開通しました。

平塚土木事務所

R5

0.7  
3

県道26号(横須賀三崎)

[三浦縦貫道路II期](北側区間)

横須賀市林四丁目~三浦市初声町高円坊 R2.8.10
(開通)
1.9  

横須賀土木事務所

4

県道731号(矢倉沢仙石原)

「道路愛称:はこね金太郎ライン」〔南足柄市と箱根町を連絡する道路〕

南足柄市矢倉沢~箱根町仙石原

R3.4.28
(開通)

10.9

以下の車両は通行できないのでご注意願います。

・乗車定員11名以上の乗用自動車

・最大積載量3トン以上の貨物自動車

県西土木事務所

県西土木事務所小田原土木センター

5

県道611号(大山板戸)

大山バイパス

伊勢原市大山~三ノ宮 R4.3.20
(開通)
1.4

令和4年3月20日に、既に開通している区間に続く約1.4km区間が完成し、大山バイパスの全線が開通しました。

 

平塚土木事務所
  • 上記の路線名をクリックすると、各路線の事業概要をご覧になれます。
  • 事業概要に記載している供用目標年度については、財政状況や用地取得状況等により変更する場合があります。

このページの所管所属は県土整備局 道路部道路整備課です。