5.プレッシャーを与えたい

掲載日:2015年4月1日

スマッシュを打つドロップを打つプッシュを打つショートサーブに対応する

 

スマッシュを打つ

(1)クリアとスマッシュを使う練習【動画(WMV:845KB)

後方でお互いクリアとスマッシュだけを打つ。

3球以上続けてクリアを打たないようにする。

速いラリーの中でスマッシュを打つ練習もできると良い。

 

(2)ドロップを打った後にマッシュを打つ練習【動画(WMV:629KB)

(自分)ドロップを打つ。
(相手)ロビングで返球する。
(自分)クロスへスマッシュを打つ。

 

(3)スマッシュを交互に打ち合う練習【動画(WMV:680KB)

(自分)ロングハイサービスを打つ
(相手)スマッシュを打つ
(自分)ネット前に小さくリターン
(相手)ロブをコートの奥に上げる
(自分)スマッシュを打つ

 

ドロップを打つ

(1)クリアとドロップを使う練習【動画(WMV:917KB)

後方でお互いクリアとドロップだけを打ちます。ドロップの返球はどこへ打ってもかまいません。
状況に応じてドリブンクリアで攻めるのか、ハイクリアで体勢を立て直したり、相手を後方まで動かすのかなどを選択します。

 

(2)ドロップを1点に打ち返す練習【動画(WMV:920KB)

後方の2点から相手のネット前1点に返球する。
相手は、ネット前からロビングで返球するが、試合と同じように高低やタイミングを変化させるとより実践的な練習になります。

 

(3)クリアの後にドロップを打つ練習【動画(WMV:686KB)

(自分)クロスにクリアを打つ。
(相手)クロスにクリアを打ち返す。
(自分)ストレートにドロップを打つ。

慣れてきたら、相手はドロップをヘアピンで返球し、自分もヘアピンなどで返球する方法もある。

 

プッシュを打つ

(1)ヘアピンの後にプッシュを打つ練習【動画(WMV:591KB)

ヘアピンを打って一度下がり、すかさずプッシュする方法です。

練習は、お互いにヘアピンを打ちながら相手のヘアピンが高くなったらすかさずプッシュしてみる。

フォア側、バック側両方練習しましょう。

 

(2)スマッシュの後にプッシュを打つ練習【動画(WMV:484KB)

スマッシュを打った後、相手の返球が甘くなると判断できたら迷わずにプッシュをする。

浮いたシャトルを前進の勢いのままコートへ押し込む。

行った後は重心を沈めて後ろの足を軽く引き、前へつんのめらないように注意する。

 

(3)相手のドロップをプッシュする練習【動画(WMV:838KB)

ドロップをプッシュするには、まずドロップだと読み切らなくてはならない。ドロップを打った相手もスマッシュやプッシュ狙いで前進してくるケースが多い。

 

ショートサーブに対応する

(1)ショートサーブに対応する【動画(WMV:598KB)

ショートサービスに対して、ラケットを上げてプッシュを打つ姿勢を見せることでショートサービスを打たせづらくする。

 

教育用画像素材集のバナー

本コンテンツは、IPA「教育用画像素材集」のデータをもとに構成されています。

ご覧の際には、必ずIPA「教育画像素材集」利用規約をご覧ください。

 

Windows Media Playerのダウンロードページへ

動画形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Windows MediaPlayerが必要です。Microsoft Windows MediaPlayerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa