東海大学ラグビーフットボール部 第31回丹沢祭

掲載日:2019年8月1日

「東海大学ラグビーフットボール部第31回丹沢祭」

 7月7日(日曜日)に開催された「東海大学ラグビーフットボール部第31回丹沢祭」を取材しました。丹沢祭は県内のラグビー普及を目的として、東海大学ラグビーフットボール部が主催するイベントで、神奈川県も共催をしています。当日は天候が心配されていましたが、予定どおりイベントが実施され多くの方が来場し、ラグビーの楽しさを体感した1日となりました。

【開会式】

開会式

J:COMのアナウンサー、スポーツイベントMCとして活躍中の木部ショータさん、東海大学ラグビーフットボール部コーチの渡部寛さんの3人が司会として盛り上げてくれました。

 

局長
神奈川県平田スポーツ局長のあいさつ

 

ゆるキャラ
応援に駆けつけてくれたゆるキャラ達。左からJ:COMイメージキャラクターの「ざっくぅ」、その隣は大山こまの帽子を被っている伊勢原市の「クルリン」、右側の3人は「丹沢はだの三兄弟」。「丹沢すすむ君(ブルー)」、「丹沢あゆみちゃん(ピンク)」、「丹沢のぼる君(グリーン)」。

 

OB
トップリーグで活躍する東海大学OBもたくさん応援に駆けつけて、会場を盛り上げてくれました。

 

【ラグビー教室】

教室

現役選手の体をひっくり返そうと頑張る子ども達

 

スクラム
大学生の力強いスクラムを体感することができました。

 

ラインアウト
ラインアウトの体験では、みな楽しそうでした。

 

トライ
ビニールシート上に水を流して、トライの練習をしています。

 

【KAGAJO☆7によるステージライブ】

kagajo7

ラグビーを応援するアイドルユニット“KAGAJO☆7”と一緒に、ラグビー部の4年生がノリノリのダンスを披露しました。

 

【タグラグビーフレンドリーマッチ】

tag1

tag2

tag3


【ラグビーワールドカップ2019(TM)PRブース】

prブース

神奈川県が設置するラグビーワールドカップ2019(TM)PRブースには、日本代表選手の等身大写真と記念撮影できる企画にたくさんの方が参加していました。

 

【ラグビーワールドカップ2019(TM) カウンターボール】

カウンターボール

ラグビーボールに埋め込まれボタンを押すと、カウンターの数字が一つずつカウントアップします。写真は、企画を担当する東京都ラグビーワールドカップ開催準備課職員(左・中)と東海大学ラグビー部監督の木村季由氏(右)。カウンターボールの目標は、ラグビーワールドカップ2019(TM)開幕までに100万人とのことです。

 東海大学は、関東大学ラグビーリーグ戦で過去8回優勝するなどの実績を持つ強豪校。競技力の向上はもちろんですが、ラグビーの普及活動や社会貢献にも力を入れています。今日の丹沢祭で、ラグビーの楽しさを感じてくれた多くの子ども達の中から、将来ワールドカップで活躍する選手が出ることに期待したいですね。
 体育センターの配信する「かながわスポーツタイムズ第75号(9月17日配信予定)」では、東海大学ラグビーフットボール部木村季由監督のインタビュー記事を掲載予定です。ぜひ、ご覧ください。

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa