2018FIDジャパン・チャンピオンリーグ卓球大会

掲載日:2018年12月10日

知的障がいを持った選手たちによる国内最高峰の大会!
2018FIDジャパン・チャンピオンリーグ卓球大会


12月1、2日の2日間、横浜市平沼記念体育館で「FIDジャパン・チャンピオンリーグ卓球大会」が行われ、全国各地から男女合計141名が集まり、熱戦を繰り広げました。
 

知的障がい者卓球とは・・・

知的障がいの判定を受けた選手のみが参加できる。知的障がいの部門がパラリンピックの種目として認められているのは、「水泳」「陸上」「卓球」の3種目のみとなっている。

 
この大会は、6月に行われた「2018FIDジャパン・チャンピオンシップ卓球大会」の上位入賞者のみが参加できる「チャンピオンリーグ」(男子は全国ベスト12レベル、女子は全国ベスト8レベル)とそれ以外の選手たちが参加する「オープンリーグ」の2つの部門で開催されました。
チャンピオンリーグの成績は、2019年度の日本代表ナショナルチーム選考に大きく影響しており、選手たちにとっては日本代表や東京パラリンピック競技大会を目指す上で非常に重要な大会となっていましたので、熱気に溢れていました。今回は、12月1日の様子をお伝えします。

看板

 

【会場の横浜市平沼記念体育館】

記念体育館


【吉村真晴選手の講習会】
大会に先立ち、日本有数の卓球選手でリオデジャネイロオリンピック男子団体銀メダリストの吉村真晴選手による大会参加者に向けた講習会が行われました。

吉村選手

吉村選手その2


【吉村選手と記念撮影】

記念撮影

 

【開会式】
◇一般社団法人日本FID卓球連盟 山口会長 あいさつ

卓球山口会長

 

◇神奈川県スポーツ局 浦邊副局長 あいさつ

浦辺副局長

 

◇公益財団法人 神奈川県体育協会 駒形事務局長 あいさつ

駒形事務局長

 

◇横浜市体育協会 山口会長 あいさつ

横浜市 山口会長


選手宣誓

選手宣誓

 

【チャンピオンリーグ】


神奈川県から出場している選手の活躍を紹介します。

※世界ランキングは、H30年12月3日現在)


加藤耕也選手(世界ランキング8位)
見事2年ぶりの優勝を果たしました!国際大会でも活躍しており、今シーズンは、スロバキアオープン(5月)団体・個人で金メダルなどの優秀な成績を収めています。

また、H30年度神奈川スポーツ賞も受賞!今年10月に開催された世界選手権にも出場されました。

加藤選手


伊藤槙紀選手(世界ランキング10位)
リオパラリンピック5位入賞で、女子チャンピオンリーグを何度も優勝している伊藤選手。今シーズンは国際大会でも優秀な成績を収めています。今年10月に開催された世界選手権にも出場されました。

伊藤選手


木下佑輝選手(世界ランキング19位)

12月に国際大会タイオープンに出場予定の木下選手。

木下選手

 

竹田隆選手(世界ランキング11位)

過去にチャンピオンリーグを制しているベテラン選手。

竹田選手

 

【オープンリーグ】

 

宮内良選手(世界ランキング10位)
以前、わが体育センターにも在籍されていました宮内選手。今シーズンは数々の国際大会で活躍。オープンリーグも見事に優勝を果たしました!今年10月に開催された世界選手権にも出場されました。

宮内選手


神奈川県期待の選手 山崎選手、吉川選手

期待の選手


日本を代表する選手たちが集った今大会。プレーはものすごい迫力で、スピードも速く、とても見ごたえがありました。


東京2020パラリンピック競技大会に向けて、選手たちが一生懸命にプレーしています。神奈川県選手たちもたくさん活躍しています。会場に足を運んで、知的障がい者による卓球大会を一度ご覧になってはいかがでしょうか。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa