「ジャパンラグビーチャレンジマッチ2018日本代表vs世界選抜戦パブリックビューイング」

掲載日:2018年10月31日

「ジャパンラグビーチャレンジマッチ2018日本代表vs世界選抜戦パブリックビューイング」

 10月26日(金曜日)にラゾーナ川崎プラザ 2階ルーファ広場(JR川崎駅西口)で、「ジャパンラグビーチャレンジマッチ2018日本代表vs世界選抜戦パブリックビューイング」が開催されました。この試合は、ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会を1年後に控えた日本代表の現状を確認するための大事な強化試合で、パブリックビューイングには会社帰りの方々や家族連れなどたくさんのラグビーファンが訪れ、東芝ブレイブルーパスの大野均選手、望月雄太氏、ラグビー解説多数の野澤武史氏の解説ととともに日本代表の熱い戦いを応援しました。当日は、試合観戦だけでなく、大野選手、望月氏、野澤氏によるトークショー、ハーフタイムにはゲストへの質問コーナーなどがあり、みなさんが楽しめるイベントとなりました。

〈トークショー〉
左からゲストの野澤氏、大野選手、望月氏
愛称が、ゴリさん(野澤氏)、キンさん(大野選手)、モッチー(望月氏)とのこと。

3氏

 

試合の見所について、丁寧に解説をしていただきました。さすが、ラグビー元日本代表!!

見所
 

〈パブリックビューイング〉
さあ、試合が始まります。

試合開始
 

会場はこんな感じです。解説付きのパブリックビューイング、最高ですね!

全景1

全景2


前半は田村選手のキックパスから、福岡選手が華麗なステップでトライを決めたものの7対24で終了。後半の奮起に期待したいですね。

 

〈ハーフタイム〉
ハーフタイムは、ゲストへの質問コーナーで盛り上がりました。 
「どうやったら、速く走ることができますか?」

質問こども


「よく食べ、よく寝て、たくさん運動すること!」 大野選手の回答は説得力があります!

回答おおの


質問をしていただいた方には、豪華なプレゼントがありました。

プレゼ


〈パブリックビューイング 後半〉
ラファエレ選手がインターセプトからトライ!
後半開始13分で14対31 さあ、反撃開始だ!

残り時間1分を切って28対31 さあ、逆転なるか?


会場では、自然発生的に手拍子が起こり、日本代表の奮闘に声援が!
これがパブリックビューイングの醍醐味ですね。

手拍子

後半、ラファエレ選手、レメキ選手、中村選手がトライを挙げ3点差まで追い詰めたものの、残念ながら28対31で試合終了となりました。

 

最後は会場の皆さんと記念撮影!

会場全体で記念撮影
 

〈試合終了後〉
試合終了後は、ゲスト目当てにファンが殺到! ゲストの皆さんは、笑顔で対応されていました!

望月さいん

 

記念撮影にもハイ笑顔で!

大野記念撮影
 

〈会場の様子〉
会場には、県のラグビーワールドカップブースが設置されていました。

県ブース
 

ご家族で記念撮影!

家族記念撮影

 

 残念ながら世界選抜チームにあと一歩およびませんでしたが、後半は今後の日本代表の活躍が期待できるスーパープレーをたくさん見ることができました。11月には、ニュージーランド代表、イングランド代表との試合があります。日本代表の奮起に期待したいですね。来年秋に開催されるラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会に向けて、ますます楽しみが膨らんだイベントでした。
 今後もラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会に向けたさまざまなイベントが予定されています。11月1日(木曜日)から4日(日曜日)にかけて、ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会決勝戦まであと1年! 記念イベントが開催されます。みなさんも参加してみてはいかがでしょうか。詳細は、次のホームページアドレスでご確認ください。
【詳細】http://www.pref.kanagawa.jp/docs/tz5/prs/r0612787.html

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa