第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」第2弾!

掲載日:2018年10月29日

第2弾!
第18回全国障害者スポーツ大会
「福井しあわせ元気大会2018」

<大会スローガン>  織りなそう 力と技と美しさ
 「第18回全国障害者スポーツ大会(福井しあわせ元気大会2018)」は、障がいのある選手がスポーツの楽しさを体験するとともに、多くの人々が障がいに対する理解を深め、障がいのある人の社会参加を推進することを目的に開催された国内最大の障がい者スポーツの祭典です。
 第2弾をお届けします。

第2弾!
大会2日目(10月14日日曜日)
 

【敦賀駅周辺】

敦賀駅


【フットベースボール 敦賀市きらめきスタジアム】


知的障がいのある選手が出場しました。1チーム9人で、サッカーボールを使用します。ルールは一般のソフトボールを基本とし、ピッチャーが両手で転がしたボールをキッカーが蹴ってプレーします。
【ボランティアも活躍中】

ボランティアも活躍

 

【競技の様子】
ホームランあり、ファインプレーあり、試合は白熱しました。会場には皇太子殿下もご臨席され競技を見守っておられました。

フットベースボール競技

フットベースボールの風景

 

【水泳 敦賀市総合運動公園プール】


 身体障がいのある選手と知的障がいのある選手が出場しました。聴覚障がいのある選手には出発合図員のピストルに連動したランプの光でスタートのタイミングを知らせ、視覚障がいのある選手には、ターン・ゴール時に壁への激突防止のため、安全な棒を使って身体をたたいて知らせるなど工夫をしています。
 水泳会場の様子です。満員のスタンドから大歓声がありました。色紙は国体に出場した池江璃花子さんのサインです。

会場の様子

サイン

 

◇50m自由形 南條莉久選手

南條選手


◇50m自由形 早川雅人選手

早川選手

 

◇50m平泳ぎ、50mバタフライ 伏見美江選手

伏見選手

伏見選手バタフライ

 

レース後にインタビュー
(左から南條選手、早川選手、中村優太選手(25mバタフライ))
南條選手 「コーチや皆さんのおかげで自己ベストが出ました!」
早川選手 「コーチのアドバイスがあり、頑張れました。自己ベストが出ました!」
中村選手 「自分の周りの選手が速く、まさに全国大会だなと思いました。」

3人の選手にインタビュー

 

どの会場にもグッズなどのお土産が売っている「はぴりゅう広場」や、はぴりゅうが来場者をもてなしていました。

はぴりゅう広場

 

大会3日目(10月15日月曜日)

応援のみなさん


【陸上競技 9・98スタジアム(福井県営陸上競技場】
 

身体障がいのある選手と知的障がいのある選手が出場します。全15種目あり、一般の陸上競技のルールで行いますが、障がいに応じてルールや用具を工夫して行う競技もあります。


◇立幅跳 野口英二選手

野口選手です


◇立幅跳 鈴木祐二選手

鈴木選手です


◇走幅跳 坂田けんじウィルソン選手

坂田選手

 

◇ソフトボール投 奥田早苗選手

奥田選手

 

◇1500m 佐々木啓介選手

佐々木選手

 

◇1500m 阿部博敏選手

阿部選手

 

◇4×100mリレー

リレー

リレーバトンパス

 

リレーメンバー(写真左から梅若舞選手、山田優喜選手、田中義信選手、東海林昇選手)

リレーメンバー

 

【閉会式 9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)】
 

【県民参加イベント】
開会式に引き続き、モデル・鹿沼憂妃さんが出演しました。手話パフォーマーのHANDSIGNにハピネスダンスを教わり会場一体となって、ハピネスダンスを踊りました。

特別ゲスト


【スポーツ庁鈴木大地長官あいさつ】
写真下は、来年開催される「いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会」両大会のマスコットトキャラクター「いばラッキー」です。

いばらっきー

 

【大会旗引継】

旗引き継ぎ

 


【炬火納火】 大会を照らしていた炬火が静かに納火されました

炬火納火

 

【ファイナルコンサート】出演:モーニング娘。OG
モーニング娘。OGの登場に、会場の盛り上がりは最高潮となりました。

ファイナルコンサート

茨城開催

 

今大会の結果・・・金メダル19 銀メダル15 銅メダル15 総メダル数49でした!
 

選手の皆さんは、3日間、天候に恵まれ、気持ちよく競技をされていました。
大会を通じて、選手に皆さんのひたむきな姿、それを支える補助員の人々の献身的な姿、さらには選手・役員・来場者を迎える福井の方々の心の温かさがどれも素晴らしく、大会の成功に欠かせないものとなりました。


選手・役員・大会関係者の皆さんお疲れさまでした。
来年は茨城県で開催されます。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa