第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」神奈川県選手団の結団式

掲載日:2018年10月23日

第18回全国障害者スポーツ大会
「福井しあわせ元気大会」神奈川県選手団の結団式

平成30年10月13日(土曜日)から10月15日(月曜日)まで開催の第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」神奈川県選手団の派遣にあたり、10月11日(木)かながわ県民センターにて、「神奈川県選手団結団式」が開催されました。

結団式横断幕

 

選手団人数 総勢82名(選手42名、役員40名)
7競技(陸上競技、水泳、アーチェリー、卓球、サウンドテーブルテニス、フライングディスク、ボウリング)に出場

会場の様子

 

黒岩祐治神奈川県知事から、戸井田愛子神奈川県選手団団長へ、そして旗手を務める佐藤達選手(陸上競技)に団旗が授与されました。

団旗授与

 

黒岩知事から激励のことばが贈られました。
「障害者スポーツはこれまで以上に注目されるようになりました。2年後には東京オリンピック・パラリンピック競技大会も開かれます。それを目指す方もいらっしゃるかもしれませんね。ぜひ、今大会も頑張ってほしいと思います。」

黒岩知事

結団式では、手話通訳の方がいらっしゃいましたが、黒岩知事も見事な手話であいさつをされていました。

 

戸井田団長のあいさつです。
「練習の成果を十分に発揮できるよう、頑張ってきます。また、選手・役員は、この大会が良い思い出となるよう全国の皆さんと交流を深めてまいります。」

団長あいさつ

 

 

選手を代表して、青谷幸汰選手(陸上競技)と畑木美乃選手(陸上競技)による選手宣誓です。

選手宣誓

 

最後に全員で記念撮影をしました。

全体写真

黒岩知事と談笑

 

結団式の後、選手・役員の皆さんはバスに乗り込み、福井県に出発されました。

バスで出発


 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa