「第18回カヌーマラソンIN丹沢湖」に行ってきました。

掲載日:2018年7月19日

「第18回カヌーマラソンIN丹沢湖」に行ってきました。

 7月15日(日曜日)、足柄上郡山北町玄倉にある丹沢湖畔で、神奈川県ホームページ動画サイト(かなチャンTV)の番組取材を兼ねて、「第18回カヌーマラソンIN丹沢湖」を取材してきました。神奈川県内や関東近県の方を中心に、小学生から78歳の方まで総勢約300人が参加し熱戦が繰り広げられました。
 

【丹沢湖の朝の風景・・玄倉川橋をのぞむ】
丹沢湖朝の風景

 見渡す限りの緑で癒されます。午前8時前ですが、すでに受付・検艇を済ませた選手が湖にカヌーやスタンドアップパドルボードを降ろしています。
 カヌーマラソンin丹沢湖では、カヌーだけでなく、スタンドアップパドルボードもエントリー可能で、午前10時にすべてのカテゴリーのレースが一斉にスタートします。

【開会セレモニーの様子】
副町長あいさつ
主催者を代表して、山北町の山崎副町長があいさつ。

【競技スタート】
スタート

 競技は10kmと5kmの2つのコースで実施されました。10kmコースは世附(よづく)大橋のさらに先まで行って戻るため、丹沢湖をほぼ1周することになります。5kmコースは湖中央にある大仏大橋を周るコースとなります。約300艇が一斉にスタートする画は、なかなかです。

【カヌー・SUP体験】
体験
 トップの選手が戻るまで約30分。その間、カヌーやスタンドアップパドルボードの体験をすることができます。

【出店もたくさん】
出店
 地域の特産品や軽食などの出店があり、応援しているご家族や友達も楽しむことができます。全国各地で猛暑日だった当日は、かき氷が体に染みました。

【もうすぐゴール】
6
最初のゴールは、5kmコースのスタンドアップパドルボードの選手でした。

7
オープンデッキ艇(カナディアン)トップの2人がゴール

88
ぞくぞくゴール

9
ガッツポーズ

10
10kmコースのスプリント艇トップの選手が、ものすごいスピードでゴール。

【表彰式10kmコース】
 10kmコースは、1人艇カヌー4種目×各男女、2人艇カヌー1種目、スタンドアップパドルボード男女、計11部門で上位入賞者が表彰されました。
11
シーカヤック艇(スプリント系シーカヤック)・ワイルドウォータースプリント艇男子の部

12
シーカヤック艇・ツーリング艇の部(2人艇)

13
スタンドアップパドルボード(ハードボードタイプ)男子の部

【表彰式5kmコース】
 5kmコースは、カヌー1人艇4種目×各男女、2人艇2種目、スタンドアップパドルボード男女、計12部門で上位入賞者が表彰されました。

14
ファルト艇(全長4.5m以下の艇)・その他艇女子の部

15
小学生(艇長4.03m以下の艇)男子の部

16
小学生(艇長4.03m以下の艇)女子の部

【丹沢湖賞の商品は足柄牛!!】
17
 競技成績での表彰に加えて、エントリー番号で当たる「とび賞」や「最高齢者賞」などがあり、皆さん楽しむことができたのではないでしょうか。

【かなチャンTⅤのタイトルコール撮影】
18
「チャンネルは、かなチャンTⅤへ!!・・・」タイトルコール決まっていました。
皆さんご協力ありがとうございました。

19

 丹沢湖周辺は、カヌーやスタンドアップパドルボードの他にも、キャンプ、登山、つり、温泉などたくさんの楽しみ方があります。また、秋には丹沢湖ハーフマラソン(エントリー始まっています)や西丹沢もみじ祭り(千人鍋が有名)といったイベントがあるそうです。現在、丹沢湖の近くに新東名高速道路のスマートインターチェンジを建設中で、完成すれば都心から1時間程度で来ることができるようになるそうです。今後、より多くの方が山北町を訪れ、自然やスポーツ、イベントなどで楽しんでいただけるといいですね!
 今回、取材にご協力いただいた選手や大会関係者の皆さんありがとうございました。今回は取材での来訪でしたが、来年はレースに参加してみたいと思いました。
 また、体育センターでは、スタンドアップパドルボードの動画を今後「かなチャンTⅤ」で配信する予定です。是非ご覧ください!お楽しみに!

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa