横浜SUP倶楽部に行ってきました!~SUP(スタンドアップパドルボード)の体験~

掲載日:2018年6月19日

横浜SUP倶楽部に行ってきました!                  ~SUP(スタンドアップパドルボード)の体験~

 6月14日(木曜日)、京浜急行日ノ出町駅から徒歩3分、大岡川桜桟橋にある横浜SUP倶楽部で、神奈川県のホームページの動画サイト(かなチャンTV)の番組取材を兼ねて、SUP(スタンドアップパドルボード)の体験をしてきました。

【横浜SUP倶楽部代表の柿澤さん】

柿澤さん

京急の高架下にあるクラブの入口(出来たばかりの真新しいクラブのマークが目印)

【レクチャー開始】

レクチャー開始

クラブの目の前、大岡川桜桟橋で早速レクチャー開始


【パドルの使い方】

パドルの使い方

パドルの握り幅は腕を90度に曲げて肘から肘までの幅、狭すぎると操作が難しくなる

コツ

手先で漕ぐのではなく、写真のように体全体を使うのがコツ

【実践開始】

ライフジャケット

安全のためライフジャケットの着用は必須

膝立ち姿勢

まずは膝立ち姿勢からスタート

パドル操作(膝立ち)

膝立ち姿勢で一通りパドル操作ができるようになったら、立位へ

立位へ

【ツーリング】

ツーリング

大岡川をくだり、みなとみらい地区を目指します

みなとみらい

20分程でみなとみらい地区が見えてきました

ワールドポーターズ

ワールドポーターズの前で

ランドマークタワー

ランドマークタワーの前で

【柿澤代表にインタビュー】

インタビュー

 「SUPは年齢や体力に関係なく、それぞれのペースで楽しむことができるスポーツです。横浜SUP倶楽部では、スクールやイベントなどを通してSUPの楽しさを伝え、SUPを日常に取り入れた新しいライフスタイルを提案しています。みなさんもぜひトライしてみてください。ただし、海や川での活動となりますので、基本的な操作や安全確保の方法等のレクチャーをスクールなどで受けることが大切です。」

【最後に記念撮影】

記念撮影

 取材にご協力いただきありがとうございました。柿澤さんの丁寧な指導のお陰で、思いのほか直ぐに操作できるようになりました。ツーリングは景色を楽しみながらのため、いつのまにかいい運動になっていました。みなさんも、ぜひSUPに挑戦してみてください。

体育センターでは、今後かなチャンTⅤで動画を配信する予定です。
是非ご覧ください!お楽しみに!

 

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa