ラグビーワールドカップ2019™開幕500日前イベントinYOKOHAMA

掲載日:2018年7月6日

ラグビーワールドカップ2019™開幕500日前イベントinYOKOHAMA

あの感動をもう一度!


2015年のラグビーワールドカップイングランド大会で、優勝候補南アフリカを破り、世界を驚かせたラグビー日本代表。あの感動をもう一度味わいたい。

2019年9月に日本で開幕する「ラグビーワールドカップ2019TM 」がいよいよ500日前に迫ってきました!
それを記念して、ゴールデンウィーク最終日の平成30年5月6日(日曜日)に、横浜市みなとみらいにあるランドマークプラザ1階ガーデンスクエアにて、「ラグビーワールドカップ2019TM大会500日前イベントinYOKOHAMA」が開催されました。このイベントでは、トークショーやトライフォト、横浜国際総合競技場で試合をする国・地域に関連したステージなどが行われました。

ランドマーク

シティドレッシング(都市装飾)
大会をPRし、機運を盛り上げるために街の中にフラッグやポスターが掲出されています。
<JR桜木町駅からランドマークへ向かう「動く歩道」の様子>
動く歩道

<会場内>
会場となったランドマークプラザ内にも大きく掲出されていました。
プラザ内

<対戦国紹介・ユニフォーム展示>
ランドマークプラザ3階公共歩廊では、横浜で試合を行う国のユニフォームが飾られていました。
【対戦カード 左上から】
ニュージーランドVS南アフリカ、アイルランドVSスコットランド、イングランドVSフランス、日本VSスコットランド
ユニフォーム

日本代表選手の等身大パネルで身長を比べよう

ラグビー等身大パネル

イベントの様子
会場にはたくさんのお客さんが足を運び、イベントを楽しんでいました。
イベントの会場

ステージでは、横浜で実際に試合を行う6か国・地域のうち、アイルランドの音楽とニュージーランドの民族舞踊「HAKA」が披露されました。

ステージハカ
ハカはニュージーランド代表オールブラックスが試合前に行うパフォーマンスで有名です。その迫力はものすごく、圧倒されました。本場はすごい!


 ハカのパフォーマンス

続いてトークショーの様子です。登壇したのは、ラグビーワールドカップ2019?開催都市特別サポーターの林敏之氏と鈴木彩香氏の二人です。
ラグビーの魅力やワールドカップの楽しみ方などを話していました。

林さんと鈴木さん

林敏之氏(ラグビー元日本代表選手、第1回ラグビーワールドカップ日本代表キャプテン)
「日本ほどone for all, all for oneやノーサードの精神を大切にしている国はない。それは世界に誇れることです。大会は日本の文化をアピールする絶好のチャンスですね。」

鈴木彩香氏(ラグビー女子日本代表選手、リオ五輪では女子セブンズ代表)
「ラグビーは一人ひとりが活躍でき、補い合って戦うスポーツ。覚悟を決めて戦う選手たちの表情は本当にかっこいいですね。ぜひ、横浜に見に行きたいです。」

インタビュー風景

ステージイベント以外にもお客さんが楽しんでいる姿がたくさん!

(フォトスポットで記念撮影!)

フォトスポット

(トライフォト)

トライフォト

(パス体験ブース)
パス体験ブース

 

2019年のラグビーワールドカップ開催に向け、県内各地でラグビーイベントが行われ、ますます盛り上がってきました。みなさんもイベントに参加してみる、試合を観戦する、実際にやってみるなど、ラグビーを楽しんでみてください!

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa