アイスホッケー 第73回国体神奈川県予選会(成年)&国体候補選手合同練習

掲載日:2018年3月30日

アイスホッケー 第73回国体神奈川県予選会(成年)&
国体候補選手合同練習

神奈川県開催の冬の国体「氷闘!かながわ・よこはま冬国体アイスホッケー競技」が来年1月27日より行われます。それに先立ち、神奈川県のアイスホッケーについて取材しました。

11月14日(火曜日)国体神奈川県予選会 横浜銀行アイスアリーナ

国体選手選考を兼ねた予選会の、Apool(前年度の上位8チーム)で優勝を競っている「チームハセガワB」と「富士通REDBULLETS」の試合を観戦しました。

 

その試合の前に、小学生や中学生の選抜チームも練習試合をしていました。

「神奈川県小学生選抜」VS「埼玉県小学生選抜」

小学生でもスピードやぶつかり合いは大人顔負けでした。女子の姿もありました。

「神奈川県中学生選抜」VS「武相高校」

さすが、中学生と高校生。体も大きくなりプレーの激しさも増していました。アイスホッケーは激しいボディチェックが認められていますので、「氷上の格闘技」と言われています。

「チームハセガワB」と「富士通REDBULLETS」

神奈川県の社会人チームでは、強豪のチームハセガワB。序盤から相手を圧倒していました。

アイスホッケーは、体力の消耗が激しいので、選手を頻繁に交代させます。1回のプレー時間はおよそ1分弱です。チームで5人1組のセットを3、4セット揃えて試合に臨みます。

試合は19対1でチームハセガワBの勝利でした。

11月17日(金曜日) 横浜銀行アイスアリーナ

国体選手候補による合同練習がありました。

インタビュー取材を受けていただいたチームハセガワB所属の土塚直哉選手(左)とケッターズ所属の倉田龍一選手(右)

土塚選手

「高校や大学の時、アンダー18や20で世界と戦いました。外国の選手は体格もよくて、かなり飛ばされました。アイスホッケーは、スピード感や激しい当たりが特徴で、人が頻繁に入れ替わることや一生懸命に滑る姿、がむしゃらな姿を見てほしいと思います。」

 

倉田選手

「アジアリーグに所属していました。韓国の選手は平昌(ピョンチャン)オリンピックに向けて国を挙げて強化していて強くなっています。アイスホッケーは、スピーディに展開が変わり、他のスポーツと違ってゴール裏もあるので、プレーが止まらず動き続ける特徴があり、見ていて楽しいと思います。」

 

1月の国体に向け、練習も本格的です!

がんばれ!チーム神奈川県!!

体育センターでは、アイスホッケーについての動画も配信予定です。

お楽しみに(^^)/